AirDropが使えない、相手先が出ていないときに覚えておくといい解決方法

IMG_2918.PNG

スポンサーリンク

AirDrop

まいど!めいたく(@floor0429)です。

iPhoneやMac等で使える「AirDrop」って知っていますか?Apple製品同士で画像を簡単に共有出来る機能です。

AirDropが便利すぎてこの機能を使うためだけにApple製品にしている人もいるくらい。ぼくも使い倒しています。だって便利すぎるんだもん!

そんな中、今まで普通に使えていたAirDropが使えなくなりました。そんなときの対処法を書きます。

色々と調べてました。でもね「Bluetoothがonになっているか?」とか「Wi-Fiがonになっているか」とか「AirDropをすべての人に選択して」とか書いてありました。

でもね、ぼくが知りたいのは今まで使えてたのが使えなくなったからどうしようってことなんですよ。

チェックするべきポイントかもしれませんが、そんなの分かっているし設定出来てますって。

設定を何も触っていないのに、AirDropが使えなくなったから困っているってことなんですよね。

その対処、解決方法を書いておきます。

症状として

ぼくが使用しているのは、「iPhone6・MacBook Pro・iPad mini」です。使えなくなったのはiPhone6からMacBook Proに送信することだけ出来ませんでした。

その逆は出来ていたんですよね。相方のiPhone6やiPad miniから送信してもらったりするのは大丈夫でした。

OS、iOSともに最新版を使っていました。

iPhone6→MacBook Proへ送信の解決方法

解決方法は簡単でした。iCloudをサインアウトしてからもう一度サインインするだけです。その方法です。

IMG 2922

設定を開いてからiCloudをタップします。

 

IMG 2919

一番下までスクロールしてサインアウトをタップします

 

IMG 2920

するともう一度サインアウトをタップしてください。

 

IMG 2921

するとこのiPhoneから削除と出て来るのでタップします。

 

IMG 2923

くどい程聞いてきます(笑)これはどっちでもOKでした。iPhoneから削除したとしてもiCloudには残っているので、再度サインインしたら戻ります。

心配なら「iPhoneに残す」を選択してもいいでしょう。直らなければ「iPhoneから削除」にしてください。

この後に再度「設定」→「iCloud」といってサインインしてください。これで完了です!

 

何も設定をいじっていないのに、今まで使えていたAirDropが使えなくなったときにはiCloudのサインアウトをすればいいって覚えておけばいいですね。

まとめ

分かってしまえば超簡単!なんですよねー。まぁ再起動と同じ発想っちゃそうなんだけど(笑)ネットで調べてて前置きが長いのばかりでした。

肝心なところが書いていないのが多かったり、そのページの最後にサインアウトをしてと書いてあるのとか長いわいってツッコミ入れてました。

長くかかないとってのもあるので分からなくもないですが。ということで覚えておくといいと思いますよ!

ゆるくいこー。

参考になればシェア、フォローしてもらうと嬉しいです。

スポンサーリンク