バイク乗りの気持ちって分かっていますか?一部の人間だけで怖いって判断してない?

5673732369914c679ca11dc7d7a20b39.jpg

スポンサーリンク

まいど!三重県のブロガー、めいたく(@floor0429)です。

バイクに乗りたい気持ちが急上昇しています。

三重県にはバイクで走りたいところがたくさんあります。しかも海と山が近いので両方を近場で楽しめるのも魅力です。

海岸線を走ってみたり、ときには峠、ワインディングを走ってみたりと気持ちいいことこの上ない。とこれはバイク乗りの気持ち。

でも世間的にバイク乗りはどう思われているか。バイクを乗っているなんて不良、暴走族やとか悪いイメージが多いのではないでしょうか。

そのイメージを払拭出来ればいいのですが、なかなかそうは行きません。なのでバイク乗りの気持ちというのを書いてみてもいいかなと思い、ここに残しておこうと書いていきますよ!

バイク乗り、ライダーについて

ぼくのバイク乗りライダーというのは、見た目では判断しないようにしています。

暴走族がよくしているロケットカウルや3段シート。マフラーが変更されているとか、アニメの美少女がペイントされた痛車と言われるものは否定するつもりはありません。

好みだからいいんじゃないの?って思います。その人の趣味でやっていることだって判断出来ます。

でもね、マフラーを直管にしていたり、ビッグスクーターの音楽を爆音で鳴らしてたりするのは迷惑をかけているので許せないです。

ましては交通違反をするやつ。信号無視や蛇行運転などの後続車への迷惑行為や器物破損、暴力行為ももちろん許せません。

こういうことをしているから「バイクを乗っている人は怖いとかイメージが悪くなるんですよ。

バイクに乗っている人間のモラルの問題だけなのにね。

車とバイクの視点の違い

バイクに乗っていないと分からないことは多いんです。例えば普通に2車線の道路を走っているとしても、バイクは車と違ってスグには止まれません。

もちろん車もスグには止まれませんけど(笑)バイクはそれ以上に止まれません。車は急ブレーキをしてタイヤをロックさせても何ともありません。

ですが、バイクはタイヤをロックさせると、間違いなくスグに転倒へとつながります。そして転倒したら100%に近い確率で怪我をします。

当たり前ですよね、生身でむき出しな訳ですからね。それを分かった上で車を運転しているかどうかってスゴく違います。

後ろからバイクが来たな。こっちから抜いていくだろうから「少し端を開けて通れるようにしておこう。」って出来るようになります。ぼくはそうしています。

バイクと張り合っても絶対にバイクの方が早いんだから、先に行かせるのがスムーズですからね。

今でこそETCが付いていてスムーズに高速の料金所を通れますが、付いていないと手袋を取って財布を出してって絶対に遅い。

そこで分かってない車の運転手はイライラしちゃます。この視点の違いはバイクに乗らないと分かりません。

仲間意識が強い

バイク乗りは、仲間意識がスゴく強いように感じています。ツーリングをしていると気軽に話かけられたり、話しかけたりしやすい。

どこから来たの?とか、このパーツはどこの?とかどこ行くの?って話をしていくとおもしろい。時には〇〇の〇〇は美味しいよとか、お得だよって情報ももらえたりする。

バイクだからこそ行ける観光地とかもありますしね。

それにバイクって不便です。運転しながら何かしようとしても出来ません。何か食べることも飲むことも、ましてや携帯電話に出ることも出来ません。

だからこそ余計にライダーに会えたら話がしたくなるんだと思う。なので仲間意識が強いんでしょうね。

しかしバイク乗りはM(エム)体質な人が多いですね。雨とか降られたら泣きですよ。

走っているときの意外な楽しみ

それはさておき、ツーリングをしていてバイク同士が対向しますよね。その際に手をあげたりして挨拶をするんですよね。

これが又、楽しいんですよ。どこの誰とも分からない人とのやりとり、ただすれ違うだけで挨拶する。これは走って経験しないと説明出来ませんね。

大抵ツーリングしている人はフルフェイスで顔も見えません。アメリカンタイプのバイク乗りだと半ヘルだったりしますが、サングラスをしてたりしているのでこれも顔が見れない。

でも、挨拶をする。これって仲間意識の何物でもないですよね!!どんなバイク乗っていようが、どんな格好の人でも同じです。

暴走族とか人様に迷惑をかけていたり、違反をしている人は論外ですが。

こうやって普通に楽しんでいる人が一部の人間のせいで悪く思われるのは心外で残念です。

好きなバイクのタイプ

バイクのタイプと言っても色々とあります。簡単に分けると「レーサーレプリカ・ネイキッド・アメリカン・ビッグスクーター・オフロード」でしょうか。

その中から2ストローク、4ストローク、単気筒、2気筒、4気筒、V型とかたくさんあります。

ぼくが好きなのはネイキッドです。バイクを好きになったマンガの影響がデカイように思うのは気のせいでしょう(笑)

やっぱりスッキリしているフォルムが好き。レーサーレプリカのように、スピードを求めている訳でもなく、アメリカンのようにのんびり楽にという訳でもありません

ちょうどバランスがいいバイクがネイキッドというだけです。

でもちょっとないなって思うのはビッグスクーターですね。ぼくの持論ですがバイクって両手両足を駆使して身体全体で曲がって走っていくということなんです。

でもビッグスクーターってミッション(マニュアル)じゃないんですよね。バイクの醍醐味ってギアチェンジが一番大きいって思っています。

なのでビッグスクーターはありえません!こういうとビッグスクーター乗りから反感買いそうですが、ぼくのこう考えていますよってことです。

もちろん自由だし人それぞれ。同じバイク乗りっていうのは変わりないですけど!

まとめ

ということで、バイクに乗った人というか運転したことがない人にちょっと分かってもらえればと思います。

「原付に乗ったことあるわ」という人も少しは分かると思いますが、やっぱりスピード感が違うので本質を理解するのは難しいと思います。

だって原付って制限速度30kmですもん。全然違います。

バイク乗りは減少傾向なので増えればツーリング先で楽しめる機会も増えるかな。

といいつつ、ぼくはバイクをゲットしないとや・・・。

女性ライダーはカッコイイです!←ヒーローになれます
(笑)

ゆるくいこー。

参考になればシェア、フォローしてもらうと嬉しいです。

スポンサーリンク