ジャージのズボンのヒモをしっかり結ぶ方法

4109519c6e8ad42f1ea694dcbf9d616d.jpg

スポンサーリンク

まいど!ちょっとしたことが気になる、めいたく(@floor0429)です。

あなたはジャージやスエットのズボンのヒモって結んでいますか?買ったばかりだと結ばなくても問題はないでしょう。

何度か洗濯を重ねているとゴムが伸びて緩んできますよね。そういったときにヒモを結ぶことになると思います。

コレ結構しっかりと結んだつもりでも、結んで手を離すと緩くなってないですか?

ちょっとしたコツでこの結んだときに、しっかりとキツく結べるようになります。その方法を紹介します。

結び方より通し方

2016−05−15−1

そのズボンにもよりますが、通常はこんな感じで通されていると思います。それをちょっといじるわけです。

 

2016−05−15−2

画像のように左からきたヒモを右の穴から出して右からきたヒモを左の穴から出す。交差させるように出すのです。

 

そうすることで、蝶々結びが簡単にできるようになります。結ぶときにいきなり蝶々結びしてもしっかりと結べます。

最初からこういう風に交差されているズボンもあるので、なっていない場合に少し面倒ですが試してみてください。

スポーツ関連のユニフォームのズボンも、交差されていない場合が多いです。スポーツしているときにズボンが落ちてきたら大変です(笑)

簡単にしっかりと結べる結び方が、ちょっとしたことで改善できるのは非常に有益だと思います。

まとめ

やってみてダメなら戻したらいいので、やってみてください!かなり前にこの方法を知りましたが、知ったときにはビックリしてめちゃくちゃ感激しました。

部屋着としてのスエットは、結ぶことがほとんどないのでそのまま放置していますけどね(笑)

ゆるくいこー。

参考になればシェア、フォローしてもらうと嬉しいです。

スポンサーリンク