家電製品はもうすでに使い捨ての時代になっている

2015−08−12−1

スポンサーリンク

家電量販店で働いていた経験上家電製品は使い捨てが基本。みなさん家電製品はどんな感じで購入していますか?昔ながらの贔屓(ひいき)にしている街の電気店さん?量販店?アマゾンや楽天?色んなところで買えます。その買い方はどうでしょうか。延長保証を付けたりしてます?競合店を行ったりきたりしていますか?

ぼくの買い方というか流れを公開!興味ないってことでしたら閉じてしまってください!(泣)欲しい物があれば、まずはネットで一通り評判などを調べます。その後は、実際の店舗に行って実物を見て大きさや、感触を確かめます。この時にハテナって思っていることを店員さんに聞きます。実際に買うときはネットから購入。

やっぱり、ネットのが安いんですよね。壊れたときには、保証はどうするの?って思うかもしれません。延長保証は?基本延長保証は入りません。理由としては、壊れるときには大体1年以内に壊れる事が大半である。1年以内はメーカー保証があるので問題はないです。1年以上経ってから壊れたら運がないって諦めてます。ぶっちゃけ、機械ものなんで当たり外れですもん(笑)

量販店で働いてたときも当たり外れって説明してましたしね。でも、1年のメーカー保証の間に壊れたときに、どこに持っていったらいいか分からないし、購入した店舗に修理品を送らないとダメやん?って思うかもしれませんが、これは、いらぬ心配です。冷蔵庫やテレビなんかの大型の家電製品なんかは出張修理扱いになるので、保証書さえあれば問題なしで、メーカーに直接依頼できます。製品を持って外に出ることが出来るものだと購入していない既存の家電店、量販店でちゃんと対応してくれます。

他の企業の店舗で購入したものでも問題なく対応してくれます。実際に自分がいたところではしてましたしね。対応してくれないところは今後は利用するのをやめた方が得策ですよ。そうなると家電製品はどこで買っても一緒。あとは金額だけになりますよね。
この流れから、【家電製品は壊れたら捨てる】使い捨ての時代になっていると言えます。物は大切に大事にしましょう。

ゆるくいこー。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク