刑事ドラマの人質が口を塞がれる意外な理由を考察してみた

スポンサーリンク

まいど!めいたく(@floor0429)です。

テレビのドラマを毎クール一つは観ています。今は「そして誰もいなくなった」だけ観ていてめちゃくちゃ面白いです。展開が分からなくて楽しい。

ということではなくて!刑事ドラマとか観ていると人質に取られると、必ずと言っていいほど口を塞がれます。

何でこんなことを思ったかと言うと、特殊メイクをするためや仮面を作るために石膏ボード?かなんかで顔の型を取っているのをみたときに人質は口を塞がれているなって思ったんですよね。

それをみて、ぼくは人質になったら窒息死するなと。型を取る時って鼻の穴で息をするように開けます。ということは口を塞がれたときと同じように鼻で息をするようになります。

そうなるとぼくはどうなるか。息が出来なくなります(笑)冗談抜きで鼻だけで息をすることが出来ません。

試しに自分の手で口を覆ってみてください。鼻だけで息をするのが苦しいっていうのが分かると思います。

どうして息が出来ないか

息が出来ないのはどうしてかって?理由は分かりません!!口を閉じて鼻だけで呼吸をしていると酸素不足になってあくびが出てきます。

あくびが出てこなくても大きく深呼吸をしないと息が出来なくなるんですよ。ナゾです。ぜんそくを持っている訳でもないですし、過去に呼吸器系の病気をした覚えもありません。

運動不足?と思ったこともありましたが、サッカー等でめちゃくちゃ激しく動いていたときでも一緒でした。

口を塞ぐ理由

こういったことから、ぼく意外でも口を塞ぐと呼吸がしんどいということが分かってもらえたと思います。

鼻で呼吸と違って口だけで呼吸をするのは苦しくなくみんな出来るんと思います。

じゃあなぜ犯人は人質を取ったら口を塞ぐのか。それは誰しも分かっていると思います。

声を出させないため

一つ目の理由は声を出せなくするためです。そんなこと誰しもが分かります(笑)そりゃ声を出されたら人に見つかりますからね。

もちろん手足を縛りますよね。でも口を塞ぎさえすれば手を後ろ手に縛るだけで十分なんですよね。その部屋に鍵がかかっている前提ですけど。

行動をさせないため

何故足を縛らなくてもいいのかというのが、口を塞ぐ理由の二つ目に当たります。

それは、前述したように激しい運動が出来なくなるからです。鼻で呼吸しているだけで動くと死にそうなほど苦しくなります。

逃げようとして走ろうものなら、ちょっと移動しただけでスグ酸欠を起こしてしまいます。足が自由だからと言って自由に動けるというのは違います。

足を縛らないということは、人質を連れて動ける自由度が高くなるメリットがあります。

鼻呼吸だけでも苦しいのに、行動を起こす、ましてや走るという行為って出来ませんよ!試してみたら分かります。

やっぱドラマだなって思う一瞬

口を塞がれていると苦しいのに、ドラマでそのまま走っているのを見ると何だかなって思ってしまいます。

こういった矛盾したところを探したりしつつ刑事ドラマをみるのも面白いですよ!(笑)

まとめ

普段はそんな想像をしない犯人の気持ちと人質の気持ちになって考えてみました。

なんだよそれって感じかもしれませんが、こんなアホなこと考えてると面白いんです!視点を変えると色んなことが見えてきて面白い。

しかし妄想をすると何でもネタになるなぁ〜。

ゆるくいこー。

ちょっとでもクスッとなればシェア、フォローしてもらうと嬉しいです。

スポンサーリンク