レッドバロンでバイクを購入の際には気をつけた方がいい5つのこと

IMG_4844.JPG

スポンサーリンク

まいど!めいたく(@floor0429)です。

最近のバイク乗りたい熱によって、ちょっとバイクを見に行ってきました。

ご存知レッドバロンへと。結構たくさんのバイクを展示してあるので見ているだけで楽しいです。まぁエアコンが入っていないのが難点ではありますが・・(汗)

見ていると店員さんが声をかけてくるわけですよ。最初は「見ているだけなんでー」と断って一通り見回します。終わった頃に店員さんから声がかかればいいんですが、何もありませんでした。

なのでちょっと視線を店員さんに向けると「気にいったものはありましたか?」と声をかけてくる。ぼくの場合はこれくらいの感じがちょうど良い。

服屋さんでも付いてこられるのが一番イヤなので、距離感は守ってもらいたい。脱線しました。そして店員さんと話しをしていてレッドバロンの仕組みやサービス内容なんかも聞かせてもらいました。

実際に購入したとしてということで事務所で話しを聞いてみると、立ち話でしてたことと違うことが多々出てきました。

え?コレってちょっと話しが違うんじゃ?」という点があったので、これは勘違いしている人も多いかもということで、気をつけたい点をぼくなりにまとめてみました。

レッドバロンとは

レッドバロンとは大型の新車・中古車販売、修理をしているバイク屋さんです。知ってるわい!って話しですよね(笑)

IMG 4846

レッドバロンの由来とか書いてありました。無敵の撃墜王のリヒトホーフェンという人が『レッドバロン』と呼ばれていたと。

赤ヘルおじさんが『情熱的な紳士』としてデザイン化したそうで。初耳でした。それはさておき。

 

レッドバロンでの注意点

  1. タイヤへの窒素ガス充填
  2. オートバイ保険とロードサービス
  3. 納車・陸送費
  4. オイルリザーブシステム
  5. 盗難保険と盗難防止装置『BL-10』について

以上の5点を気をつけた方が良い。

① タイヤへの窒素ガス充填

オススメポイントとして案内してきます。

IMG 4849

窒素ガス充填を。窒素ガスだと「空気が抜けにくい・劣化を抑えられる・燃費があがる」という特徴があります。

自分の車のタイヤを変えたときに同じように勧められたのでずっと入れていたんです。ですが体感出来ることはありませんでした。

窒素を入れるって空気を入れるのとほとんど変わらないんじゃない?だって空気に含まれる気体の割合窒素が78%、酸素が21%、その他1%という割合です。

これは学校で習ったことでしょう。それなのに推してくるってなんででしょう。不思議。アピールポイントにはなりえません。

店員さんに突っ込んではいないのでなんと答えるか楽しみではあったんですけどね。

② オートバイ保険とロードサービス

レッドバロンでオートバイを購入すると、バイクが故障や事故などで動かなくなったときのロードサービスが24時間、365日どこからでも指定のとこまで無料でと案内されました。

過去に一緒にツーリングに行ってた友人が転倒してバックステップが折れて、ギアチェンジが出来なく動かなくなったことがあったんです。

地元のバイク屋さんへ電話して迎えに来てもらって、そのバイク屋で修理したという経験がありました。陸送代金は安くすんだんだったっけかな。

そういった経験から非常に魅力的なサービスなのでロードサービス受けたいなって思ったんです。でも、よくよく見て聞いてみると

レッドバロンでバイクを購入し、レッドバロンでオートバイ保険に加入した人にしかこのロードサービスが受けれないっていうことでした。

※ロードサービスの名前はロードサービスゴールドカードといいます。

サービスの内容がごっちゃになっているんです。ぼくが先に書いた

レッドバロンでオートバイを購入すると、バイクが故障や事故などで動かなくなったときのロードサービスが24時間、365日どこからでも指定のとこまで無料でと案内されました。

この内容ですが、正確に書くと「レッドバロンでバイクを購入すると」

  • レッドバロンでバイクを購入すれば、片道20km以上のツーリングを事前の登録により最寄のレッドバロンまでのロードサービスが無料になる。

「ロードサービスゴールドカードの場合は」

  • レッドバロンでバイクを購入し、レッドバロンでオートバイ保険に入っていれば、24時間、365日最寄のレッドバロンまでロードサービスが無料になる。

っていうサービスです。混ざってて何がなにやら分からんくなりますよね。この辺をしっかりと詳しく突っ込んで聞いておかないと正直騙された・聞いてないよという感覚になっちゃいます。

③ 納車・陸送費

IMG F8594276C75E 1

どんな内訳になるか見たかったので試しに見積もってもらいました。見積もりの欄に納車・転送料というのが入っています。

納車費用ではなくて、陸送費だというではないですか。「同じ系列会社同士だから他の運送会社よりも安い」って言われました。

あとで帰宅して調べてみたらほとんど同じ金額でした。それに大型チェーン店なんだから普通に考えて定期便があると思うわけですよ。

それを時間がかかってもいいから、その店舗を橋渡しにしてでも無料で持ってくるように出来ないもんかなって思ったんです。

まぁこれは無理があるかもですが、もっと費用を安く抑えるなり無料にするなりすればいいと思うんだけど。だってどこかかしらからは展示用のバイクが入荷しているわけですしねぇ。

費用の欄を見てみるとバッテリーは交換するからとお金を取られ、登録手数料と書いてあって登録印紙代は別、納車点検料も普通に取られるっていう。

なんか損した気分になるよう内訳です。だって点検料とか車両本体についててしかるべきでしょって思うんだけど違うんかな。

そして、購入者自身でもバイクの登録をしたい人はいると思います。車で言うところの簡単に車庫証明は取れます的なね。

そんな案内もあってもいいのでは?実際のところは、「出来ない」んですけどね。

前の所有者が分かってしまうので、個人情報の観点から出来ません。バイク屋さんに名義変更してあればいいけど、そんなバイク屋さんって珍しすぎですしね。

この辺の話しは詳しいバイク屋さんに聞いたので間違いないです。名義変更とかの登録とかお客さんにさせるところって特殊で、個人情報保護法を守ってないのは明らかなので気をつけよう!

④ オイルリザーブシステム

オイルリザーブシステムはゴリ押ししてきていましたねぇ。

IMG 4850

30L分のオイルを先に抑えさせるというもの。リザーブと言っても自分だけのオイルを保管するというわけではなく、イメージはそんな感じだけど数量で管理するんだと思われます。

 

IMG 4851

その料金はこれです。30Lで12,000円ですから安いと思います。でもコレはレッドバロンでオイル交換するというのが前提。

ぼくの場合のように自分でオイルも選びたいし自分で交換したい人には向かない。

レッドバロン側としては、先にオイルの金額を確保出来るから現金収入になる、しかも工賃は別オイルフィルタも別なので工賃代金は儲かるという仕組み。

囲い込みすることで、店に来てもらうことでオイル交換のついでに劣化箇所があれば指摘して修理も出来る。レッドバロンでなんでも済むから楽チンですね。

IMG 4852

あまったオイルは買い取らせていただきますと言ってました。でもあとでこの資料をみたら払い戻しはレッドバロンで車両を買い取らせていただく場合に限るって記載されてある。

ということは、バイクを乗らないけど売らずに持っておく場合には払い戻しが出来ないということ。しかも乗り換えのときに他店でバイクを買って下取りに出しても払い戻しが出来ない。

レッドバロン大好きっ子じゃないと結構運用は考えないとでしょう。

 

⑤ 盗難保険と盗難防止装置『BL-10』

レッドバロンでバイク(5万円以上のバイク)を購入して、レッドバロンの指定の盗難防止装置『BL-10』のロックをすることで盗難保険に加入出来るんだけど、店員さんの案内では「盗難防止装置をすると盗難保険に加入する。という案内でした。

IMG 4853

でも、盗難保険の加入にはこの『BL-10』のロックとは別に車両本体の1%の保険料が必要になってくるんです。

 

IMG 4854

補償内容は問題なくどこもこんな感じでしょうか。

 

IMG 4855

このロックを購入するだけではダメなんです。結構高いんですよこのロック。でも確かに物は良い。結構重くて丈夫で信頼出来ます。

でも普通にこのくらいの金額を出せば、他社のでもかなりいいものが購入できます。盗難保険はないですけども。

このロックを購入して、車両本体の1%の盗難保険に加入して初めて盗難保険が適用されます。当初のロックを購入すればいいというのは前提という話しでした。

そしてロックのレンタルも対象になるって表記してあるんですが、レンタル代金は表示されていないので金額は分かりません。購入前提で勧められる感じですね。

 

IMG 4856

補償の条件は2点ハンドルロックしててキーを抜いてあること盗難防止装置を完全な状態で装着していることってなっています。

まぁ分かるんですが、完全な状態っていうのが引っかかったんです。盗難防止装置『BL-10』のロックをするのも分かる。

小さく書いてあったのが、盗難防止装置のアーム部の点検及び、キーシリンダー部の交換を行い、効能期限の更新をされた方って書いてあります。

ぼくの聞き間違いかもしれませんが、店員さんがさらっとこの部分を言っていまして、

「盗難保険の継続の場合も同じ1%で大丈夫です。ロックのキーシリンダーを1年ごとに交換してもらった上で」と言われたんです。

「キーシリンダー部の金額は1万くらいです」って。え?じゃないですか?

聞き直して「1年ごとにキーシリンダー部の交換分の価格と本体価格の1%がかかるんですね?」と。すると「そうです」と言われました。

聞き間違いかもしれないですよ?でも確かにそう言いました。盗難保険の1%だけと思っていたのに他にもかかるっていうのはどうなんだろうか。

確かに安いのかもしれませんが、ロックのキーシリンダーを交換の金額も入ってくるとなると別にいらないかなってぼくは思っちゃいました。

 

レッドバロンで購入する際の良い点

レッドバロンで購入すると良い人っていうのは、バイク初心者でバイクを自分でいじってみようって思わない人がいいのではないかな。

IMG 4848

あとは修理保証期間があるのがいいところ。これ修理保証となっていますが、修理は最長3年間はどんなことがあってもしますよっていう保証です。

修理を無料でする保証ではないです。絶版車などのパーツはそうそう手に入らないから部品取りとかで置いてたり、型枠とかがあって作れる状態にあるんだそうです。(店員さん談)

くれぶれも修理を無料でしますっていう保証ではないので間違うとトラブルの元です。

そしてツーリングに行ったときに、事故や故障でロードサービスを無料で受けたいって思うのなら、レッドバロンで保険に入り、ロードサービスゴールドカードを発行してもらうのがいいかな

他にはレッドバロン会員だけが利用出来る施設があったり、クーポン券がもらえたりするものいいところですねぇ。

他にもたくさんのサービスがあります

IMG 4847

このようにたくさんのサービス(アピールポイント)がありますが、一つずつしっかりと内容を確認をしないと言ってたのと違うと言ってトラブって後悔しないようにしたいものです。

 

まとめ

購入する気ならもっと突っ込んだ質問やおかしい点を指摘するんですが、買わないのに言うのもなんか違う気がして気が引けてとことんまで聞くことはしませんでした。

こうやってぼくが感じたとこと書き綴りましたが、考えは人ぞれぞれだと思います。あくまで自己責任でお願いします!

ちなみに、ぼくの周りではレッドバロンの評判は・・・です。なのでレッドバロンでは購入しませんけども。

購入するなら、絶大なる信頼を置いているバイク屋さんがあるのでそこで購入します!

入荷しない場合は他でということもあるかもだけどー!どこで購入するにしても納得するまでとことん質問しまくるのが吉だよね!

ゆるくいこー。

参考になればシェア、フォローしてもらうと嬉しいです。

スポンサーリンク