【視力回復手術から2年が経過した今】医師と話をしたら驚きの事実が!

IMG_4974.JPG

スポンサーリンク

まいど!三重県のブロガー、めいたく(@floor0429)です。

ぼくは2年前の2016年10月に視力回復手術をしました。手術の内容はレーシックではなくICLという手術。

詳しくは過去の記事にあるのでそちらを参照してください。

【視力回復手術その1】レーシックではなく、ICL手術にした理由

2015.04.30

1年以降は年に1回の検査を定期的にするといいとのことでしたので、2年経過した定期健診に行ってきました。

もちろんこの定期的に検査をするのも当初の手術費用に入っているので無料で検査をしてもらえるので安心です。

検査の内容

もちろん手術をした病院神戸神奈川アイクリニック 梅田院へと行くと、結構人がいました。5人くらいは待っていました。1人は付き添いぽかった。

これだけ人が待っているなんて過去になかったんですよね。これは後で理由がなんとなく分かってきます。

手術前か手術後かはメガネをしているかどうかでも分かったりました。検査にはコンタクトはダメなので裸眼かメガネしかいないのです。

コンタクトをしている人はいない。メガネをしていると手術前、裸眼だと手術後というのが分かってきます。

脱線はこの辺で(笑)受付をすませて10分くらい待っていると呼ばれて検査室へと。

  1. 目の計測
  2. 眼圧の検査
  3. 視力の検査
  4. 目の細胞の写真

この4点の検査です。目の計測、眼圧、目の細胞も問題なしでした。気になる視力検査ですが「2.0」だったのにはビックリしました!

手術後から2〜3ヶ月は安定しないって言われてたので1.2〜2.0をウロウロしていて、6ヶ月経って「1.5」で安定していたんですよね。

そして1年後の検査でも「1.5」で乱視も出ていなくて安定していました。そんな状態なのに2年経って検査してみたら「2.0」ってスゴくないですか!

もちろんぼくは言いましたよ「体調がいいんみたいですね」と。検査してくれた人は身体に負担が少ないと目も調子がよくなるとも言ってました。

視力も体調に左右されると分かった瞬間でした。でも目をかなり酷使しているはずなんだけどって不思議でしたが、視力がよくなっていて良かったよー!

医師の診断

一通り検査が終わったら医師にレンズの状態を見てもらいます。5分くらい待ってると呼ばれました。

医師は北澤医師ではなくて澤井医師でした。1年後に見てもらった人なので面識はある。公式WEBサイトにも顔が出ているのでどんな人かは見れると思います。

目を見てもらう事15秒ほど、「問題ないですね」ということでした。そこから世間話が始まりました。視力回復手術のことなんだけど10分ほど話ていて驚きの事実を知らされました。

その内容とは「2年前は運営の危機」だったんですって!2年前ってぼくが視力回復手術したのと同じ時期です。

周りの視力回復手術をしているところが次々と潰れていく中、やはり例外なく危機だったと。そのお陰か今は徐々に上がっているって話でした。

危機にも耐えれるだけの体力があったということ。そりゃ症例数の半数以上をやっているところなので持ちこたえたんでしょうね。

それに名古屋にあったところも閉院してたからそういうことか!と認識しました。

「失敗?」何それおいしいの?

一時、レーシックが原因でトラブルになっているのが話題に上がっていたと思います。そのせいで失明するとか間違った情報が出ていたのが一番の要因だそうです。

調べたら失明はしないっていうのが分かるのに。

レーシックは少なくなってきていてICLがほとんどになってきているそうです。半数以上がそうなんだって。

レーシックは角膜を削るから元には戻らないけど、ICLはレンズを抜けば元に戻るし視力が変化したとしても入れ替えたらいいから安心ですよねって話していると

実際にレンズを取ったっていう症例は澤井医師の数千くらい手術している中の4〜5人くらいですって話でした。

レンズを取る理由を聞かせてもらうと「酔ってしまう・レンズの輪っかが見えるのがイヤ・見え方が気持ち悪い」というようなことでした。

実際はぼくもレンズの輪っかは見えてましたが、今は全くありません。2〜3ヶ月は見えすぎて頭痛が出ることがありましたが、慣れるとなくなりました。

脳が見えないはずなのに見えてるから疲れるからなんだそうです。ぼくは片目がほぼ見えないので遠近感も片目だけでしています。

それが慣れというもの。慣れれば大丈夫って説得して慣れていく人がほとんどだそうです。

結構、視力回復手術をした後に不安からか精神的に参る人もいるみたいで、「精神のケアも大事なんですよ」とも言ってました。

なので1年に1回は定期検査に来てもらうのは非常に重要だということも強く言ってましたね。

医師の実体験

「実はぼくもレーシック手術をして興味を持ってこの世界に入ったんですよ」って言ってました。こんなにいいものは広めないといけないって使命感に沸いたそうです。

ぼくもめちゃくちゃ良かったので周りの人たちに勧めていて、ブログでも書いていますって言ったら、ぜひどんどん勧めてくださいって言ってもらいました(笑)

さすがにブログ名は出さなかったんですが、この記事を見つけられたら間違いなく誰だかバレるでしょうね。

まとめ

今回、定期検査は非常に大事っていうことを話をしてて分かりました。そしておもしろかった。もっと詳しく話出来たらなぁって思いましたね。

とにかく視力が「2.0」出てたのは驚きで嬉しかったなぁ。今後も目を大事にしていきます!あまり体験談ってネット上にないので参考になれば。

疑問点があればぼくでよければ答えますので、問い合わせから連絡をしてくださいね。

ぼくの知り合いでしたら、紹介割引もあるので紹介しますので連絡してください!

ゆるくいこー。

参考になればシェア、フォローしてもうらうと嬉しいです。

<<ICLの問い合わせに回答したよ!

スポンサーリンク