スリーアップのハイブリッド加湿器(HFD-1725)を購入、カスタマーサービスはかなりの好印象で完璧だった

まいど!めいたく(@floor0429)です。寒くなって空気が乾燥してくるとウイルスが蔓延して風邪もひきやすくなります。

なのでこの寒い季節には【加湿器】を使用しています。ぼくの周りではほとんどの人が加湿器を使っているんですよね。体調管理も仕事のうちですし当たり前っちゃ当たり前なことでしょう。

今まで使っていた加湿器もカルキが溜まってきて買い換えようと思い立ちました。元家電量販店の店員としては色々と調べたりするのが得意でこだわって探しました。

使っていた加湿器は

この「しずく」という加湿器。

購入した加湿器はスリーアップというメーカーの「HFD-1725」ハイブリッド加湿器です。

ハイブリッド加湿器「HFD-1725」

決め手になった所は水の容量とデザイン(笑)これが後になって泣きをみることに・・・。

大阪に行った時にも家電量販店へ行ったりして店頭へも足を運びました。でも買ったのはアマゾン!! だって安いんだもの。そして届きました。

IMG 6275 IMG 6276
  • タンク容量:5.2L
  • 連続運転時間:12時間
  • 適用床面積:11畳
  • 電気代:契約電力会社で変わる

主に重視した所はこんなところでしょうか。タンク容量が大きい方が水を補充する間隔が長くすみますし、運転時間が12時間あれば睡眠中に切れることもないから安心安心。って感じです。

 

IMG 6277

梱包内容は、本体・リモコン・取扱説明書、以上。特別な物は何もなし。

 

IMG 6279

操作パネルのボタンと吹き出し口。操作パネルのボタンはボタンというよりかは、タッチパネルって感じの方が近いです。

 

IMG 6280

この取っ手を持って運ぶ・・訳ではなく、取っ手を持ちあげると水を入れるタンクが取り外せます。

 

IMG 6281

本体の給水される所

 

IMG 6282

給水タンクの底面。この底面の左の所をひねって外して給水します。

 

IMG 6284

給水タンクの底面の水を入れるフタがカートリッジになっていてここである程度水をろ過するそうです。

 

IMG 6285

一番のお気に入りデザインの全面パネル。ここに湿度が出るんですよ。何かおっしゃれーって感じしませんか?(笑)

 

カスタマーセンターの神対応

ほぼほぼ言う事ないなって思ってたんですよね、ですがこれを見てください。

IMG 6279

全面パネルが剥がれているんですよね。明らかな不良品です。でもちょっとしたことだしこんなもんだろってそのまま押し付けてみたんです。

押し付けること数十秒。しっかりとくっ付きました!! これでいいやっと起動! スイッチオン。

 

30分ほど動かしてるとふと気づく。あれ? あんまり蒸気が出ていないなと。そしてよく見ると床がびしょびしょに・・・。漏れてる・・?

そのまま本体ごとシンクへ持っていって試していると、明らかに漏れている。梱包されていたのも「ぷちぷち」に巻いてあるだけでした。しかも1重。

ダンボールに入れて緩衝材を入れてとはしてなかったからそれが原因じゃないかなと。

カスタマーセンターへ電話

もちろんカスタマーセンターへ連絡しますよね。するとどうしましょうか? とのことでぼくの意向を伝えました。

めいたく
新しいものと交換してくれたらいいよ。でも床が濡れたときのホットカーペットもびしょびしょになったので、壊れてたらそれも何とかして欲しい

すぐに「返金します」との対応でした。しかも「ホットカーペットは現物支給させていただきたい」とのことでした。

故障かどうか確認してからになるんですが、これが故意によるものとか悪意がある人ならコレを利用して普通に「壊れているホットカーペットを指定」しそうなもんです。

でもスグにこちらを信用してくれ対応してくれました。昨今スグに疑って対応する所が多くなって来ているというのにこの対応は神対応でしょと。

ぼくがした実際の流れは

  • ホットカーペットが故障しているかどうかの確認
  • 宅配業者を手配してくれた人に不良品を手渡す
  • 故障箇所の確認が取れ次第連絡をもらう
  • 新しい加湿器が届く

っていう流れ。一度故障している箇所が見受けられませんって連絡がきて、もう少し様子を見ますと言って翌日に故障箇所が確認出来たというやりとりが間に入ってはいます。

しっかりと対応してくれました。謝罪もしっかりとありました。謝罪がないと収まるものも収まりませんからねぇ(笑)

やっちまった点・不満な点

先にも書きましたがこの加湿器はほぼほぼ言う事ないと。でも一番の不満な点がありました。それは

給水がメンドくさいということです。

どういうことかって? それは「給水タンクを持って行ってひっくり返して水を入れないといけないから」です。

そうすることで、水がしたたり落ちるのとタンクが大きいから重たいということ。給水のたびに水を床に落としてしまってます。ここを忘れていましたよ・・・(泣)

教訓

給水する時には、やかんや鍋に水を入れて加湿器本体に直接入れられる加湿器を選ぶ方が賢明です。

まとめ

いい加湿器見つけたと思ったけど、忘れていた落とし穴に・・。しょうがないよね。不良品で当たりが悪かったのはしょうがない。

不良品となって電話した時に「返金」してもらっていれば、給水を本体に直接出来るものへ買い替えも出来たなぁと。ちょっと残念だったと後から思いましたとさ。

この給水の所がクリア出来るならコスパ共に良い商品だと思いますよ!

来年には加湿器が変わっっているかもしれませんけども(笑)

ゆるくいこー。

参考になればシェア、フォローしてください。

スポンサーリンク