【視力回復手術 最終話】メガネやコンタクトへはもう戻れない、戻りたくないと思ってたら6ヶ月が経過していたよ

スポンサーリンク

4月18日(土)6ヶ月検診。

毎度毎度、大阪梅田へと。又、上手い事、出張と重ねて行く事が出来た!検診には、夕方に行く事に変更してもらうことで実現。変更するのも電話1本。フリーダイヤルだし通話無料だし。(と言ってもカケホーだから関係ないけど)

いつも同じ検査。眼圧、細胞の数の検査、視力検査。医師に診てもらう。視力は1.5で安定しているみたい。20分程で終了。次回の予約は1年検診の半年後。そっからは年に1回になる。もうこうなると仮予約みたくなるねーって事務員さんと笑ってた(笑)変更あったら連絡する事で。帰りには買い物だけして帰宅。これでほぼほぼ終了な感じです。

現在の状況と感想

眼鏡、コンタクトなしに慣れると戻る事はもう無理です。この快適さ・・・昔は目がいい時があったんだけどさ・・周りに話しする事もあるけど、かなり驚かれます。思ったよりもここ田舎では普及というか受けている人が少ないんだろうなぁ。

そして「 レーシック 」は知ってるけど「 ICL 」「 フェイキック 」は知らない人が多い。まだ他にも「 オルソケラトロジー 」とかあるけど、それも知らないだろうなぁ。

※オルソケラトロジーとは、視力回復コンタクトレンズのことで、専用のコンタクトレンズをしていると視力回復するというもの。年齢が若い人向け。

間違った知識で「 レーシックは失明する 」とか言ってる人もいた。レーシックでは失明しない! これはちゃんと理解してもらいたいところ。語弊ありますよ、そこは調べてもらえばスグわかるかと。

視力回復手術を考えている人は、適正検査だけでも受けてみては? 時間は取られるけど検査と相談は無料 だから損する事はない!もし検査を受けるときには、絶対に付き添いに誰かと一緒に行った方がいいと思います!

ぼくは相方に付き添いしてもらいました。本当に助かりました感謝してます。ありがとう。

ゆるくいこー。

参考になればシェア、フォローしてもらうと嬉しいです。

視力回復手術をしたら免許条件を解除しよう>>

<<医療費控除をしてお金を戻してもらおう!

スポンサーリンク