[神奈川県]鎌倉・江ノ島へ相方の両親と初の家族旅行![父の終活]

めいたくハウスへようこそ! かちこ(@kachiko_0712)です。

相方「めいたく」の両親とわたしたちの4人で、三重県から静岡県にある親戚のお墓まいりに行きました。

そこまで行くなら少し足をのばして「鎌倉の大仏さまを見に行きたいな」と父が言ったのをきっかけに、2泊3日で旅行が決まりました。

わたしにとって初の義理の両親との家族旅行。かっちりと予定を組まずのんびり行きましたが、3日間歩き回りました。わたしより両親の方がめちゃめちゃ元気すぎて驚きでした・・・

そして「雨女パワー」が強すぎて自分が一番楽しみにしていた所で大雨を降らせた、残念なわたしのお話です。

1日目はお墓まいり【冨士霊園(ふじれいえん)】へ。順調すぎて予定変更

2019 06 05 001

実家のある伊勢市から わたし達の住む津市まで両親が来てくれて合流し、めいたくの運転で向かいます。高速を走る頃に太陽が顔を出しました。

親戚のお墓がある【冨士霊園(ふじれいえん)】は、静岡県駿東郡小山町にあります。お墓をおまいりする時間は決まってないけど、車で向かうのに「平日 朝の渋滞をなるべく避けたい」ということで早朝スタートです。

津市内の一般道を少し走って、東名阪自動車道 伊勢関ICから高速道路を利用

伊勢湾岸自動車道を通って

新東名高速道路 御殿場ICで降りて一般道へ

思っていたよりも道が空いていたため順調すぎる。サービスエリアで朝食後、1時間以上滞在して時間調整しました。

 

2019 06 05 002

その後も順調に進み、御殿場ICで降りて富士山方面へ向かいます。

 

2019 06 05 003

到着〜・・・富士山なくても景色が良すぎですね! 桜満開の時期は絶景だとか。

 

2019 06 05 004

お墓に行く前に管理事務所に寄ります。初めて来たわたしが「ここに車を停めてお墓まで歩くんやね〜」と呟くと「いや、ムリムリ!」と全員から言われました(笑)

 

2019 06 05 005

こちらの管理事務所の隣にも同じくらいの大きさの建物があり、レストランが入っていました。

 

2019 06 05 006

わたしたちが行きたかったのは売店横にある花屋さん。

 

2019 06 05 007

 

2019 06 05 008

こちらでお花を買っていきます。種類が多くてどれにするか迷いました。

 

2019 06 05 009

親戚は「富士山が見える景色の下で眠りたい」という希望でこちらの霊園を選ばれたそうです。めいたくの事を小さな頃から可愛がってくれた方。

わたしも1度だけ元気な時に会えたんですが、初対面でも人の良さが分かるくらい、明るくて素敵な方でした。

 

2019 06 05 010

この通りの両側に、綺麗に区画が整理されてお墓が並んでいます。実際行ってみて歩いて行くのはムリだって分かる広さでした

いい天気で良かった! いい天気すぎて暑かったけど、きっとお墓まいりに来たのを歓迎してくれたんだろうと思います。

お墓まいりだけの予定だったけど昼前に終わってしまった・・・いざ鎌倉へ

両親が疲れないようにと「のんびりプラン」で1日目は冨士霊園だけ、あとは予約してある鎌倉のホテルにチェックインと思っていました。それでも時間が余りすぎたので、最終日に予定していた場所へ行くことにしました。

のんびり移動して到着したのはこちらです。

 

2019 06 05 011

父が行きたいと話していた鎌倉の大仏さま【鎌倉大仏殿高徳院】です。平日とはいえ、海外からの観光客や修学旅行生でにぎわっていました。

 

2019 06 05 012

奈良県の東大寺に小さい頃からよく行っていて、正直なところ大仏さまを見るのは珍しくない。

奈良の大仏さまは建物の中にいるのに対して、鎌倉の大仏さまは雨ざらしなのが気の毒な感じ・・・「たくましさがあるかも」なんて思って見てました。

大仏殿って言うくらいだから、昔は建物の中だったんですね。

 

2019 06 05 013

せっかくなので大仏様の胎内も入らせていただきましたが、この日は蒸し暑かったです。涼しい気候の時に入る方が良いですね。

 

【鶴岡八幡宮(つるおかはちまんぐう)】も行ってみた

鎌倉大仏殿高徳院から【鶴岡八幡宮】へ足をのばしました。

 

2019 06 05 014

 

2019 06 05 015

 

2019 06 05 016

天気が良いと緑が映えますね〜爽やか!

 

2019 06 05 017

 

「暑さと早起きと移動距離の長さで疲れたな〜」なんて思いながらも上まで行けました。鳥居からけっこう距離あったけど、ここから見える。風が気持ちよかった!

1日目終了

無事にお墓まいりもできたし両親も満足だということで、予約していたホテルに向かいました。

ホテルは鎌倉市内、江ノ島電鉄の由比ヶ浜駅から徒歩3分のところです。明日は「江ノ電に乗って江ノ島観光じゃ〜♪」と楽しみにしていました。乗ってみたかったんです、江ノ電に。

汗を流してスッキリして少し休んでから、ふらふら歩いて鎌倉駅近くのお店に向かい夕食をいただきました。

ホテルに戻ると、疲れていたのであっというまに眠りました・・・

2日目は江ノ島へ。シーキャンドルの上まで行ったけど、雨降りまくり!

2019 06 05 019

天気予報をまめに見てましたが、やっぱりかといった気持ちでした。自分の一番楽しみな日が、くもり。午前中は降水確率も低いからなんとか行けそうかな。

 

2019 06 05 020

 

2019 06 05 021

シートの柄は江ノ電のキャラでしょうか? なんか可愛い柄ですね!

 

2019 06 05 022

江ノ電、乗りたかったんだ〜(^^) 一部路面のところがあるんですね!

 

2019 06 05 023

由比ヶ浜駅から7つ目、20分ほどで江ノ島駅に到着です。

 

2019 06 05 024

 

2019 06 05 025

駅を出て少し歩いた所でパラパラと雨が降ってきました。降るの早すぎるやん! きっと雨女のわたしが楽しみにしすぎたからだ・・・

 

2019 06 05 026

 

2019 06 05 027

江ノ島弁天橋を渡る時には、さえぎる物が何もなくて突風が吹き荒れてました。風がすごすぎて傘をさせない! どしゃ降りでなかったのが救いです。

景色を楽しむとか、写真を撮ってる場合じゃない・・・早歩きで橋を渡ります。

 

2019 06 05 028

 

2019 06 05 029

 

2019 06 05 030

行きたかった【サムエルコッキング苑】も【シーキャンドル】も雨が強くなってきてゆっくり見られない(泣)本当は暗くなるまで江ノ島にいて、夜景を見たかったんだけどな。

 

2019 06 05 031

 

2019 06 05 032

上まで行ったけど、雨が強くなってきて・・・見えない。

 

2019 06 05 033

ですよね、そうだと思ったよ。

 

2019 06 05 034

せめて昼食は生しらす丼を食べようかと、お店に行きましたが、

 

2019 06 05 035

「天候不良のため、本日は生しらすありません」と。悲しい。こちらは[しらすのかき揚げ丼]です。

 

食事後は近くのお店を少しまわって、相方は[たこせん]を食べました。天候不良のためか、ネコとは全く遭遇しませんでした。(江ノ島は猫の島ともいわれてますね)

 

2019 06 05 036

江ノ島駅に戻ると、強風で無残な姿になった傘が捨てられていました。昨日の天気、半分わけて欲しかったーーー!

ホテルに戻って昨日と同じく鎌倉駅近くで夕食。この日はバスで鎌倉駅まで行きました。

最終日は御殿場プレミアムアウトレットに寄り道してから帰路へ

最終日は特に予定がなく、ホテルでゆっくり過ごしてから帰る途中で【御殿場プレミアムアウトレット】に行きました。

この日はくもりで涼しい日でした。両親はあまりアウトレットモールに行ったことがなかったそうで、広さに驚きつつ あちこち見て回っていたようです。こちらも海外の観光客でいっぱいでした。

今回の旅行の記念になるものを4人お揃いで購入し、両親が満足した所で三重県に帰ってきました。何を購入したかは4人だけの秘密ということで(^^)

実はこの旅行、「終活」でした

「親戚のお墓まいりに行こう」という話がでた時に、父から

「もういい歳だから お墓まいりも自分たちで行くにはちょっと大変だし、動けるうちにみんなでどこかに行きたい。終活やと思って付き合ってくれんか?」と言われました。

わたしからすれば父はまだ若いと思うけど、持病もあるし何度か入院もしているから そう思うのも分かる。今まで一緒に遠出した事なかったんですよね。

わたしとめいたくは今年の1月に入籍したけど、結婚式も結婚指輪も新婚旅行も必要ないって自分たちで決めたから、両親からしたら楽しみがなかったのも事実。事実婚状態の間にさんざん「結婚式しなよ」って言ってたもんな。

そう思って、今回は自分たちより両親が楽しんでもらえたらという気持ちで行きたいと言われた所をまわりました。

旅行から帰った翌日、父にメールしたら、満足してくれたらしく「心温まる旅行やった」と言ってくれました。嬉しすぎる・・・不十分なところもあったけど、楽しんでくれて良かったって思いました。

さいごに

2019 06 05 037

わたしたちは両親が疲れないようにと思って計画してましたが、いざ行ったら元気で全然終活感ない毎日でした。気付くと姿が見えない。はるか先を歩いているんです。階段も一気に上って行くし!

わたしとしては、「ちょっと休憩して、甘いものでも食べよう」って誘うつもりでカフェやお土産やさんを調べてたんですけど、休憩という概念がないのかと思うくらい元気すぎて誘う必要がなかったです。

実際に歩いてみて行きたい所がいくつもあったので、こっそりめいたくに「またゆっくり来よな」と話しました。

今回は両親メインの旅行だから・・・次は自分たちで天気も快晴の日に遊びに行きたい!

最後までご覧いただきありがとうございました!

かちこ