曜日による親の教育の違いと傾向

スポンサーリンク

2015−06−22−1

仕事の休日が、日、月曜日のため外食はその前や、日、月曜日にいく事がほとんど。平日にいく事が少ないのだけど、ココのところ
平日に行くことが増えて、周りのお客さんの様子が違ってみえてきた。

飲食だけではなくて、アミューズメント、テーマパーク、スーパー等、色々なところへ行っているので、この地域だけでなくて、他所でも同じだと感じた。何が違うかっていうと

小さい子供が号泣しているときの対応。

この対応を見るだけで、親の教育がしっかりしているかどうかですごく分かる。

<良い例>

泣きわめく子供に対して、なだめる。それでダメなら他のお客さんに迷惑にならないように外へ連れ出す。

<悪い例>

泣きわめく子供に対して、なだめる事なく放置。時には、怒って、暴力。これだけで、よくわかります。良い例のパターンな人って、少数すぎます。自己中な親がいっぱいいすぎやろって思います。特にその傾向があるのが、土日祝。

なんで、土日祝に多いのかって考えてみた。土日祝【以外】の休みの人って基本サービス業が多い、接客業で常時そんな状況がみれるためどうされたら、不快に思うか、迷惑かって肌で感じているサービス業以外のサービス業を経験していない人ってのはその辺りが分からないんだろうと。

一概には言えませんが、恐らくこういった傾向にあると思います。推測論ではありますが、耳に飛び込んでくる話の内容等も聞いた感じで判断もしています。盗み聞きになるんだろうけど・・・勝手に飛び込んでくるんだもん!しかたない!って言い聞かせてっと(笑)

ゆるくいこー。

スポンサーリンク