老人ホームの夏祭りが意外とイケてる?夏祭りの新しい楽しみかた

スポンサーリンク

2015-08-30-01

先日、夏祭りを2件ハシゴしました。(笑)といっても、1件目が15時〜17時と2件目が18時〜20時の間で夏祭りをしている老人ホームの夏祭りです。仕事の関係上、行っていたというのもあるのですが、当たり外れはあるとは思うけど、意外とおもしろい。

それはどうしてか?

まず一つ目に、関係者でなくても地域住民として入場、参加ができるんですね。ということは、誰でも入れちゃうってこと。もちろん受付があったりします。でもそこはちゃんと名前等書けばいいだけです。なので気軽に参加できちゃう。招待券がいるところもあるようですが、自分が今まで行った所では紹介者を書くってのはありましたが、いりませんでした。

こういうことをいうと「こらっ!」って怒られちゃうでしょうが、おじいちゃん、おばあちゃんと絡むことってほとんど
ないんですよねぇ。ほとんどが車椅子だったりしますし、職員がついているんですから。この施設での目的としては、みんなが楽しんでワイワイやっている所を入所者のおじいちゃん、おばあちゃんが見て楽しんで、刺激を与えるってのが、大きい目的です。入所している方の家族が来ているから年代は様々なんで、目立つってことはありません。

二つ目が、イベントというか催しものが、ボランティアの方の踊りだったり、音楽だったりと文化的なのが多いです。しかもこのクオリティが意外と高く、地域の伝統だったりします。いろんな発見があったりします。その催しの中に抽選会やビンゴといったものがあって、商品がもらえちゃう機会もあったりします。

三つ目が、屋台を職員さんが出しているんですが、かき氷や焼き鳥、たい焼き等。普通においしいんです。それは普段施設内で調理をしている人が作っているから。しかも、安いんです。安すぎるんですよ、コレ。かき氷100円とか、焼き鳥、50円とか、極め付けは、小さい祭りをしているところでは、全部無料っていうのもあります。

ぼくが住んでいる三重県の限られたところだけかもしれません。でも、こういった取り組みは地域でそこまで変わることはないんじゃないかな。

※仕事の関係上いっている自分は、最後の残りを結構もらったりしてます(笑)

まとめ

意外と穴場だと思いますので、近隣にこういった施設があるところなんかは、色々と聞いてみると、たくさんやっているのではないでしょうか。子供を連れて、家族でいくと職員さんも子供に対して色々と世話焼いてくれたりして、ヘタに混んでいるテーマパークなんかや、ショッピングモールなんか行くより楽しめて、お金もあまりかからないでしょうね。マナーの悪い人もほとんど見かけなかったので、比較的安全でもあります。おまけとしては、そういった中でも、自分の親やおじいちゃん、おばあちゃんのことの相談なんかも、出来るし色んな話も聞けるので勉強にもなると思いますよ。一度参加してみてはどうでしょう。いい経験になって楽しいですよ。

ゆるくいこー。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク