知らなかった!福祉車両のオプションがこんなに進化しているなんて・・・

スポンサーリンク

まいど!めいたく(@floor0429)です。

福祉関係の仕事をしていると福祉だけではなく、医療や障害も関係してきます。その福祉用具、医療・障害関係のイベントがあり、そこへ参加してきました。

インテックス大阪で開催された「バリアフリー2016慢性期医療展2016・看護未来展2016」に行ってきました。(2016年4月21日(木)〜23日(土)開催)

たくさんの展示物があって発見があったのでその紹介をしたいと思います。タイトルにあるのはその中でびっくりしたものです。

IMG 3251 IMG 3249 IMG 3247

一緒に行く人物でも変化する

今回一緒に行ったのは、相方と看護師の親友と3人で行ってきました。看護師と行っても男性です!未だに看護師=女性と思っている人がいるのにはびっくりですけどねぇ。

今回、初めて看護師と一緒に行ったんですよね。看護未来展2016というのは今年が初だというので、ちょっと話したら行ってみたいということで参加してました。

今後の介護・看護ではロボットが主流になってくるからそれもみたいなと。やっぱり医療系(看護師)の仕事についている人は見る視点も違うなぁって面白かった!

ぼくもある程度は見るんですが、痰吸引の機械はっていうのはまぁ販売しているので見ることはあります。見ていたのは、骨折したときに補強するギブスをみていたんですよね。

しかも網になっていて腕や足に入れて水を含ませたら固まるというものをみてました。

ギブスなんて石膏で固めるとしか知らなかった。それがこんなに簡単にギブス出来るって初めて知りました。この友人と行かなければ、見ることはなかったと思います。

そういう発見がたくさん。逆に福祉用具に関してはぼくが説明したり、知り合いのメーカーの担当営業さんと話をしたりとギブアンドテイクの関係でお互い勉強になりました(笑)

相方も福祉系の仕事をしていたこともあり、わいわいとやっとりました。

キャリアと思っている福祉車両には車椅子

たくさん発見がある中で、いつもの感じだと思っていて久しぶりに福祉車両のブースに行ったんです。すると異様なものが目に入ってきました。

IMG 3244

ドアが開いた車があってその天井のものがスライドしているじゃないですか!

 

IMG 3243

するとその中から出てきました。

 

IMG 3242

車椅子が!!えええええ!!!って目を疑いました。初めてみました。

 

IMG 3241

ちゃんと車のボディに当たらないようになっていて、車椅子のタイヤもずれないように出来ていました。これなら1人でどこでも行けるようになります。

 

車椅子は限られる

収めるときには

IMG 3245

こういった車椅子のちょうど真ん中になるように重心を取らないといけないみたいです。

 

IMG 3246

そうしないとスッポリと金具に入らない。その金具に入れないことには天井で動きまくって危険なんです。この天井のものはFRPで出来ているので、動いてしまうと突き破ってしまいますからね。

みるとわかると思いますが、介助者が持つ取って部分はスポーツ用の車椅子に近いくらい短くなっていて、足を置くところも短くなっている。そして外れない仕様のものでした。

少し条件をクリアすると行動の幅がめちゃくちゃ広がります。

10年前からあった

説明してくれた担当の人と15分くらい話てましたが、これ10年前からあったんだってさ。マジですか・・・。

話によると見た目がキャリアにしか見えないから、スライドしてしかも車椅子が出てくるとは思わないでしょ?って言われました。

確かに実際に動いているところをみないと絶対に分かりません。後部がスロープになっている車椅子ごと乗せるタイプだと切れ込みが入っているから福祉車両と分かります。

でもこのタイプは後ろは何もないから普通の車と変わらないから目につかないんですね。

オプションなので価格を聞いてみました。本体と取り付け合わせて61万円で塗装が6万円って言ってました。

運転をする人は下半身か半身不随なので、運転席の改造が必要になってくるので合わせて120万円くらいとのこと。

確かに改造することで、自分に出来ることが増えて行動範囲も広がったら嬉しいだろうなぁって思います。もちろん福祉車両なので非課税っていうのも助かりますね。

ロボットの進化は?

ロボットに画期的なものが出ているのかなと期待はしていたけど、過度な期待はダメですね。ほとんど進化はありませんでした。

進化と言えるかどうかは分からないですが、ペッパーがいたるところでみましたよ!5台+1人みました!1人というのはペッパーのコスプレしている人がいたからです(笑)

まとめ

そろそろ欧米のように重いものを持ってはいけないという法律が出来てもいいのにねぇ。それによってリフト、ロボットの進化は飛躍的に進むと思っています。

制度が変わらないとなかなか前に進みにくいなって思いますね。

4月で仕事を辞めるのでどうなるか分かりませんが、今後も注力していこうとは思っています。せっかく得た知識なので、伸ばしたいですからね。

興味があれば来年行ってみてはどうでしょうか。入場無料でサンプルも結構もらえますよー!

【HCR】国際福祉機器展2015へ行った。10数年ぶりの夜行バスで!変わっていてびっくり!

2015.10.13

ゆるくいこー。

参考になればシェア、フォローしてもらうと嬉しいです。

スポンサーリンク