飛行機って怖くないですか?なぜ平気でいられるのかがわかりません

スポンサーリンク

2015−12−23−01

飛行機って乗ったことありますか?自慢じゃないですが、ぼくは飛行機には北海道の往復で乗ったことがあるだけです(笑)飛行機って怖くないですか?怖くない人ってノーテンキでしょ!って思うんですよ。

飛行機が怖い理由とは

ぼくが飛行機が怖いって思うところは、「自分一人でも飛べないのに、あんなにでかい鉄の塊が飛ぶなんてありえない!」ということなんですよね。そしてぼくが聞いた説明は航空力学の元飛んでいるということ、結構聞かされました。

F1で説明されたんですが、スピードが上がると車体の形状のせいもあり空気抵抗で下に押さえつけられて、まっすぐ走れる。トンネルとか壁や天井も走れるんだって言われました。これだけではなんとなくしか分からない。

そのときは、「へー、そんな風になるんだ」と言って流してました。それが飛行機にも働くらしい。普通に考えたらそんなので飛ぶはずがないやんって話です。理解できていないから不安があるわけですよ。今になってちょっと調べてみました。

飛行機が飛んでいる理由は分からない

ちょっと目を疑いましたよ。理由が分からない?

飛行機が大空に舞い上がる秘密には2つのものが関係しています。一つは翼にぶら下がっている“ジェットエンジン”です。

もう一つ必要なものは“翼”です。飛行機が時速250キロ近いスピードを出すことにより、翼の上にも少なくとも時速250キロの空気(風)が流れることになります。翼の上面と下面の形状の違いから、上面の空気が若干速く流れます。これによって、翼に沿って流れる空気の圧力に差が生じます。この圧力の差の事を揚力と呼び、この力によって飛行機は浮くことができるのです。

引用:JAL

JALのサイトにはこう掲載されていました。ちゃんと説明されているんです。でも実際は飛ぶ原理が分からない。「飛行機は長い歴史の中で多くの実験を積み重ねていろいろな要素がわかっているからこそ飛ばせる」ということみたいです。

空を飛んでいると色々な要素が入り乱れてくる。速度と圧力の関係とか翼の表面の曲がりが複雑になったり等ではっきり言えないということ。

優しいCAさん

そんな不安があるぼくが北海道に行ったときです。金属探知機では何度通っても「ぴこーん」って鳴るし、輪っかみたいなので体グルグルされるし、なんだよって感じで不安を煽られてました。長い待ち時間を終えてイザ搭乗!

席に着くまでにCAさんが4〜5人いたんですよね。このCAさん全員に「コレ飛ぶの?」って聞いたんですよ。したら全員笑顔で「はい、飛びます(ニコッ)」って言われました。それを見たツレ(友人)が「恥ずかしからやめなさい!」って言われて怒られました。

席についてから色々ボタンを押したりして、遊んでたら照明がついて照明もつくんやーって思ってたら。CAさんが来て「なにか御用ですか?」的なこと言われてポカ〜ンとしたことがありました。人型のボタンを押したらCAさんが来るんですね。初めてだから知らないぼく。普通知らないでしょ!またツレに怒られた!おとなしくしときって(笑)しょぼーん。

そんな落ち着きのない、どうしようもない客としているぼくに対して気持ちいい対応してくれてスゴイって思ったそんなことを思い出しました(笑)

まとめ

こんなことを思い出したのでツラツラと書いてみました。ヘリコプターは怖くないんですよねぇ・・・不思議。ちなみにぼくは高いところは好きです。高所恐怖症ではありません。アホとなんちゃらは高いところがとか言いますよね?それですそれ。

ゆるくいこー。

よければSNSでシェア、フォローしてください。

スポンサーリンク