ボクシングチャンピオンの防衛が難しい訳とは

スポンサーリンク

2015−05−31−01

様々な格闘技があります。

空手・拳法・テコンドー・ボクシング・柔道・レスリング・相撲etc…

スポーツの格闘技の中で、一番シビアでおもしろい。それは

 

【プロボクシング】です。

 

他の格闘技もおもしろいでしょう。しかし圧倒的に違うのを

考えてみてください。

「◯ヶ月前のリベンジ!」とか「次は何回戦までいけるのか!」

とかなんて、言っている余裕はないのです。

階級別で試合が進行する等、似ている所もあります。

ですが、空手や柔道、レスリングはトーナメントで試合が進行していく。

相撲は取り組みで決まっているけど、次の◯◯場所で再戦が容易に出来る。

そこで、ボクシングをみてみると、世界チャンピオンに挑戦して

一度負けると、再戦は数年後になったり、一切叶わなかったりする。

基本的にチャンスは一度きり、人気のあるボクサーやボクシングジムの力が大きいと再戦はかなり早い段階で出来ている。

計量に失敗するとチャンピオンは剥奪、契約にもよりますが違約金を科せられたり、ハンデや中止になったりもします。

 

意外と知られていないのが、チャンピオンになった時の防衛戦。

チャンピオンはタイトル獲得後6ヶ月毎に、ランキング選手(15位以内)と防衛戦を行う。

さらに、初防衛後は9ヶ月毎に1位選手と防衛戦を行う義務があります。(指名試合)

また、1位以外の選手が王座を獲得した時は、120日以内に1位選手(またはこれに準ずる選手)と防衛戦を行う。
■チャンピオンが防衛をしていく難しさは

2回に1回は、1位との対戦で常に強い挑戦者と対戦していく事が一番大きい。

チャンピオンから陥落したら、ランキングはもちろん落ちます。

1位になれば問題なく試合は出来ます。そこに行くまでが大変。

1位選手とやろうにも他の選手もいる事で出来なかったりと、壁がかなりあります。

ランキング内にいれば、指名してもらえる可能性はありますが、

なかなか上手くチャンスが回ってこないものです。
実際知っている選手で、ずっと世界挑戦出来なかった選手は

いっぱいいます。かなりシビア。

こういった背景を知った上で観戦すると、

また一段とおもしろさが増してきます。

どんな事でもそうだけど、予備知識があると

「違った角度から見えて」またおもしろい。

ボクシング好きが増えますように。

ボクシングプロは楽しんでいきます。
ゆるくいこー。

スポンサーリンク