「刺青」「入れ墨」「タトゥー」「彫り物」がある、入れてるからダメって何なん?

スポンサーリンク

2015−07−22−1

刺青の種類

ぼくは入れている訳ではありません。これからもしません。なぜか?「痛いのが嫌いだから!」親からもらった体にうんぬんとか言うつもりもないです(笑)

ちょっと調べてみました。入れ墨、刺青、タトゥー等色々ありますがほぅほぅって思ったことがありました。違いってわかりますか?調べたら、いっぱい出てきました(笑)それぞれ意味の違いがあるみたい。

刺青

これの読み方、「いれずみ」でもいいですが「しせい」って正式には読むらしいです。コレを知っておくだけで、おおって思ってもらえそうです!ちょっとドヤ顔できそ。刺青とはこれらの意味合いの総称。

入れ墨

昔の刑罰で犯罪を犯したら入れられていたものだそうです。手で彫る。入れ墨とは言わない方がいい。

彫り物

芸術って意味合いが強い。伝統芸能な方向性。

タトゥー

ファッション、機械で入れる。※あくまで調べた結果をぼくなりにこう理解、解釈した話です。

こんな感じです。でも、最終結果は一緒です。イメージだけで、怖い等の印象があるからなのか、見せるだけで犯罪になりえるってこともあるみたい。

意味がわからないのが

銭湯や温泉に入るのが出来ないこと。なにがいけないの?見て怖がるから?逆に興味持って見ちゃうけどなぁ〜そんな機会そうそうないしさ。話するきっかけにもなるしコミュニケーション取りやすいのに。刺青の汚れが出るわけじゃないんでしょ?すっごく不思議だ。

なぜダメなのか説明出来る人いますかー?誰か教えてください。肩身の狭い想いしてるだろうなぁ〜。今と昔はもう違うんだから、どんどんと変化していかないと、なにに対しても遅れてきちゃうよ!古い考えとかくだらない!

ゆるくいこー。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク