警察の取り締まりって非効率だよね。効率がよくなる簡単な方法

スポンサーリンク

2015-06-05-01

よく三重県では1の付く日は取り締まり(ネズミ捕り)を集中的にしていると言われてます。中には木曜日が多いとか都市伝説的に言われてます。そこで警察の取り締まりについて、考えてみます。スピード違反の取り締まりや、信号無視や一旦停止の不停止。このあたりは、運転者に見えないように隠れて違反をするのを待った上で捕まえてますよね?ちょっと待って下さい。これっておかしくないですか?

【交通違反をする事=危険だから】

という事でしょ。それなら姿を見せて、違反しないようにすべきでしょ。スピード違反やシートベルトの取り締まりなら、数十メートル手前に「この先スピード取り締まり中」って看板立てればいい。ずっと立てておいて、たまに取り締まりすればその区間だけではあるけど間違いなくスピードは出さなくなりますよね。

看板なくて、ここで取り締まりをよくしていると認識されると、地元民しかわからないから、他地区の人にもわかるように看板を立てる。凄く効果的だと思います。そうする事によって、他の取り締まりに手を回せます。違法路上駐車の方が、邪魔ですぎると思うんです。実際法廷速度を1kmもオーバーせずに走っている車なんて無いわけで、シートベルト関しては事故したら自分の身が守れないだけ。どちらかというと他人に迷惑をかける率は少ない。

それに比べたら、路上駐車なんて危険極まりない。車の間から歩行者が飛び出てくるかもしれない、死角をいっぱい作っている行為です。普通に考えたらわかりそうなモンですけど、やはりお役所、お堅い職業、頭が堅い、古い体質。こういった事が影響しているんでしょう。一度でいいから看板立てるって提案、どっかやってくれないかなぁ〜しがらみとか、色々解決しないとダメな事とかあるだろうけどねー素人考えでした(笑)

ゆるくいこー。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

共感出来たら、シェア、フォローしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク