領収書に貼る収入印紙の扱いの変化を知らないと損をする

スポンサーリンク

びっくりです。仕事で¥38,500-の商品を買ってもらい現金を受け取って、領収書を渡しました。

「収入印紙が貼ってないんですが・・・」

と言われました。「はい?」「税込3万円以上は200円の収入印紙を貼らないといけないですよ」何を言っているのか最初理解出来ませんでした。5万円未満が非課税って事を知らなかったんですね。理解してもらうまで大変でした。

無知って怖いですね。そんなはずはない、変わっていないの一点張りでしたもん・・。2014年4月1日から変更になって、もう1年以上も経っているにもかかわらず知らないのですね。この税込って所も認識が甘いです。

領収書を発行する側だったら、無駄に印紙を張りすぎて税金払い過ぎてましたね。現在は(この記事執筆時)5万円以上ですが、税込って言うのもしっかり認識していないとダメ。
【税込5万円以上ですが、内訳に消費税の記入すれば”税抜き”5万円以上でOK】

少しの知識で得もすれば損もする、そんな情報過多時代で上手く情報の取捨選択をしていかないと痛い目をみます。たまたま領収書を発行する側で、理解していたから良いものの、同じ立場でも知らない人もやっぱしたくさんいるでしょう。ましてや受け取る側は考えなく受け取っている人が大半でしょうし、理解している人も発行する側と比べたら少ないでしょう。

変化に対応出来るように、正確な情報をしっかり判断していきたいものです!日々成長です!
ゆるくいこー。

スポンサーリンク