相方が感染!B型インフルエンザってこんな感じでした

スポンサーリンク

めいたくハウスへいらっしゃい!かちこ(@kachiko_0712)です。

いつも元気でパワフルな相方の【めいたく】がインフルエンザでダウンしてしまい、5日間の出勤停止後、無事に復活しました。

わたしは相方から移らなかったので共倒れは回避できたけど、いつも元気に動き回っている相方が寝込む姿は見ていてツラかったです。

発症から復活までの経緯はこんな感じです。

  • 相方が謎の筋肉痛を感じた昼間に発熱、39度近い発熱と倦怠感と寒気がする
  • 翌朝も熱が変わらず病院でインフルエンザと診断され、タミフルの処方と5日間出勤停止の指示がでる
  • 部屋の隔離は無理なのでお互いマスク生活で感染予防(わたしの喉が腫れるがインフルエンザではなかった)
  • 発熱から4日目にようやく相方の熱が平熱に下がる(お風呂に入れる)
  • 出勤停止が終わり、発熱もないため職場復帰

B型インフルエンザは熱が出にくいと聞くけど、そうでもなかった

 

その日の朝は、「なんか筋肉痛やなあ」って言ってたんですけど、帰ってくると熱がありました。それから4日間熱が出たり下がったりの繰り返しでした。

 

発熱・倦怠感・寒気

  

わたしが仕事から帰ると、「なんかだるいな。熱い気がする」と相方が言うので、熱を測ると39度近くある。そして寒気を訴える…その日はとりあえず早く寝かせました。これはインフルエンザかもと心配になり、わたしは移らないようマスクをして寝ました。

翌日も熱が下がらず症状も変わらないため、「すぐそこの内科に行っておいで」と言ったけど、本人は乗り気じゃない様子。そんな相方を無理やり病院へ連れて行きました。後で気づいたけど、どうやら嫌がってたわけじゃなくて一人で行く気力も体力もなく、動けなかったみたいです。

診察結果は「B型インフルエンザ」でした。やっぱりか…今年のインフルエンザが流行り出した時に、【B型は熱が出ないか、ほとんど上がらないから気づきにくい】と聞いていたので、熱が出た相方はてっきりA型だと思っていました。

予防接種してないから熱が上がったのかもしれませんが、熱がなかったら単なるカゼだと思い込んで、いつも通り仕事に行ってたから、きっと人に移してましたよ。それにもしかしたら重症化してたかもしれないから怖いですよね。熱のおかげで早めに分かったので良かったです。

【タミフル】と「頭が痛い時」に飲む頓服薬【カロナール】を処方されました。

タミフルはインフルエンザウイルスが増えるのを抑え、熱などの症状を早期に改善させるお薬です|病院の処方箋より

 

汗がすごい

  

エアコンをずっとつけていて、わたしが暑いと思うくらいでも「寒い」と言って服を着込み、布団と毛布2枚を掛けて寝る。しばらくすると起きてきて、見ると大量の汗をかいている…でも寒気がする。その繰り返しでした。

脱水症状になるといけないのでこまめに水分補給できるよう、枕元にはスポーツドリンクを切らさないように置いていました。

着替えるごとに洗濯して、干して乾いたらそれに着替えて…インフルエンザウイルスに乾燥は大敵なんで加湿器も使ってましたが、部屋干しのおかげで湿度は保たれていました(笑)

お風呂に入る体力が出たのは4日目でした。ずっと入りたそうで、ようやく熱も下がって動けるようになったこともあって、スッキリサッパリしてましたよ。

 

でも食欲だけはいつも通り

  

相方はカゼでも何でもどんな時も、食欲だけはしっかりとあります。具合悪い時なので消化の良いおかゆやうどんを作ってましたが、物足りないようで味の濃いものを欲しがってました。しっかり食べられるから安心でした。
下痢や嘔吐の症状がなく、十分な食欲と睡眠のおかげで順調に回復できました。

対策したけど移ったのか?と気になり病院へ

  

部屋の完全隔離は難しいので、相方は(ずっとしていると耳が痛くなるので)寝る時以外の時間マスクをする、わたしは寝る時も常にマスクをするという感染予防を続けていました。それでもわたしの体に異変がありました。喉が腫れていて、首元を軽く押すと痛みもある…それ以外は熱も倦怠感も何もないけど、もし移っていたら大変な事だと思い病院で診てもらいました。

診察結果はインフルエンザではなくカゼでした。喉にウイルスが入って腫れているとのことでした。とりあえず、インフルエンザでなければ一安心でした。

さいごに

 

今回何よりも思ったのは、一人暮らしじゃなくて良かったということです。移ってしまう可能性もあるけど、もし相方が一人暮らしなら、病院に行けずに苦しんで過ごしていたかもしれない。脱水症状になっていたかもしれないし、山盛りの洗濯物に囲まれてグッタリしていたでしょうね。

日頃はポンコツなわたしでもこういう時には役に立てるもんです。

ただ、一人が病気になると元気な方も疲れちゃうなと実感しました…たいした事はしていませんが、わたしの場合はいつもの生活と少し状況が変わるだけでも体力を消耗しました。常にマスクをしているのもストレスでした。

いつも分担してやっていることを久々に一人ですると大変で…相方のしてくれることがどんなことでもありがたいって気づきました。仕事で疲れて帰って来てもニコニコと笑顔でご飯を作ってくれて、気づいたらさりげなく家事をしてくれている事にもあらためて感謝です。

当たり前じゃないことをいつのまにか当たり前に思ってしまってるなと気づく良い機会でもありました。

実は数年前にも相方がインフルエンザにかかったんですが、その時も移ることなく乗り切ったわたしは意外とたくましいのかもしれない!

かちこ

スポンサーリンク