髪を切ったことに気付けない人にみる特徴、どうしたら気づけるのか

スポンサーリンク

2015-10-01-01

男は黙って短髪とか勝手に思っています(笑)大抵は1ヶ月に1回髪を切る訳ですが、髪を切ったら友人、同僚、先輩、後輩、家族とか気づかれることってあると思います。そこで気づく人と気づかない人でどう違うのか考えてみます。気づく人と気づかない人の割合はどちらが多いかというと、気づかない人が多いです。それはなぜかというとほとんどの方は自分以外に興味ないからです。

ということはですよ、どういう人が気付いているのか。気付いている人は、すごく優しい人で気遣いの出来る人が多い傾向にあります。さすがに、ロングの女性が2〜3cm切ったのまでは分かっていると「神かっ!」って思います(髪だけに?笑)しょーもな!

そういう人は圧倒的にモテてる。だって好感持てますよね。ある程度興味がないと、みてないことにはそんな所には気づかないはずですから。周囲に気を配っている、そういう人はそれが自然とできているわけです。仕事もできる人が多く、常にアンテナを張っているということ。髪を切ったことに気付けない人は、アンテナを張っていなくて自己中で情弱が多い傾向にある。そんなのは嫌だ、改善したいのならどうすればいいの?と思ったら、しっかり相手の顔をみて感じよく挨拶することをやってみるといいでしょう。挨拶してるのに気づけない人は、出来ていないはずです。挨拶していない人は間違いなく、髪を切ったことに気付けてない人ばかりですよ。

感じよく挨拶をすること」が大事です。最初はぎこちないと思いますが、それを気にしながらすることで、自然とできるようになる。どんなことでもそうですが、意外とちゃんと知っていること、意識することで、全く変わってきます。知らなかったり意識しないと変わりようがありませんしね。

まとめ

自分だけじゃなく、周りの人にも興味を持つことで、色んな気づきが得られる。気づきがあるとなんでも楽しくなってきます。待ち時間とか暇なときなんかは、よく人間観察しています。この人は次は右に曲がるとか考えるだけで楽しくなってきます!おかしいですかね(笑)

ゆるくいこー。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

興味が持てたら、シェア、フォローしていただくと嬉しいです。

スポンサーリンク