じゃんけんの確率。パーの勝率は60%。

スポンサーリンク

2015-09-29-01

じゃんけんをするときに、あなたは何を出しますか?

  • 腕を交差して組んで手前にして覗く
  • 手の甲を人差し指で押さえてみる
  • そのまま何も考えずに勝負する

ぼくは、何も考えずに出してしまいます。だって考えてもしょうがないから。でも、通説では「パーの勝率は60%」なんですって奥さん。根拠はよく分かりません!(笑)ですが、自分なりに考えてみました。

実はチョキが一番勝つ

「パー」と「グー」という形は人間って自然に作られるものです。パーは握手や手を振るときなんかに出ます。グーは手に汗握る、緊張、緊迫したときに握ってしまう。それに加えて「チョキ」という行為、これは意図的に、意識しないと出せない形だということ。なるほど。自然に出るというのなら、パーとグーどっちの方が自然かというと、パーのほうが自然に出る。なのでパーが出やすい。最初は「あいこ」のパターンが多く。自然に出るパーかグーを出すこと。その時点でチョキが除外されることになる。

出すのをどれかに変えないとダメだろうということで、グーが出てきて、パーが勝てるということなのかなと。ということは、冒頭で挙げた。「何も考えずに勝負する人」が大多数ってことですね。実際、じゃんけんの出し方で傾向はわかるって話は知ってますか?これはダウンタウンの松っちゃんの受け売りですが、一番しっくりきました。おもしろい考察の仕方でした。

というのも、最初に「チョキ」を出す人は性格はヒネくれているということ。まぁ勝とうとしている人。悪く言えば裏がある人、良く言えば賢い人。自然に出しにくい「チョキ」という形を出す行為は意図的に出すために、こういう傾向になるという話。確かに分かるわーって変に納得してしまいました(笑)

まとめ

別にどうでもいい話です(笑)じゃんけんを真剣に考えてみると、おもしろいものです。色々な考え方はあるでしょうね。いろんな角度からこの結論を導き出すのはおもしろいです。人によって結論は同じでも導き出す道筋はおそらく多種多様ですよね。パーとグーを出す人は「平凡」、チョキを出すひとは「非凡」ということで。こんな話でも、話題にすると楽しめるね!

ゆるくいこー。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

興味があれば、シェア、フォローしていただくと嬉しいです。

スポンサーリンク