三重県美杉町の穴場スポット!紅葉している1本の木はぼくの癒しの場所

スポンサーリンク

外回りをしてると色んな景色って見えます。当たり前ですね(笑)仕事しててちょっとホッとしたい、息抜きしたいときはあなたにもあると思います。そんなときにはココを見るとかなり癒されます。その場所は「三重県美杉町竹原の橋の隣」の「一本のイチョウの木」です。

この時期だけしか見れない期間限定の場所で、ここは田舎なのでメイン道路沿い。地元民は間違いなく素通り。少し前に「神去なあなあ日常」という林業の映画が主演「伊藤英明、長澤まさみ」で公開されてからは増えたとはいえ観光客は少ないです。

アクセスは悪い

ここに行くには、車からバスでないと行けません。というのはJR名松線というのが走っているのですが、何年か前に台風の影響で廃線になったんです。ですが2016年に復活するという話があるので、復活したらまた電車で行けるようになります。

もし電車で行けるようになれば、少し行きすぎますが「伊勢竹原駅」で下車すればOKです。ちなみに単線なので一度降りると次来るまでがどれだけ待つことになるか・・・(笑)

そうなるとバスしか移動手段はなくなります。バスの本数も少ないです!こうなればヒッチハイクしかなくなります。意外とこの辺の人たちは良い人が多いので世話焼いてくれると思います。

2015−11−29-6

車を停めるなら竹原コミュニティー防災センターへ。道の駅になっているのでトイレはあります。

2015−11−29-7

そこから奥へ向かって歩いて行くと

2015−11−29-8

橋が出てきます。

2015−11−29-9

道路へ出た時点でも見えているんですけどねー!

夏の様子

2015−11−29-1 2015−11−29-2

秋の様子

2015−11−29-3 2015−11−29-4 2015−11−29-5

コレはまだ完璧に色が変わっていないんですが、変わりきったらスゴく綺麗なんです。もっと色づいているのを撮ろうと次に行ったら半分くらい散ってて泣きました。なので中途半端な変わり様に(泣き)大きさはというと、思っているよりでかいです。

大きさの比較対象がない!!(笑)石垣の高さが2メートルちょっとあります。わかるかなぁ?実物見ると「おおー!でかっ!」となると思います。

冬は完璧な枯れ木に成り代わります。寂しいけど風情はありますよー。

冬の様子

※以下追記(2016.1.12)

2015-11-29-01 2015-11-29-02 2015-11-29-03

本当、寂しすぎる!でもこの道の駅では朝市なるものを開催している。小さいですが

朝市の様子

2015−11−30−01

右の建物はトイレで、左のところで開催しています。普段は閉まっていて駐車場とトイレがあるだけです。
 

2015−11−30−02

野菜や山菜類もぼくが行ったときが11時だったのでもう終わり間際でした。
 

2015−11−30−03

このときは魚類はありませんでした。でも鳥羽から直送で並ぶんだそうですよ。
 

2015−11−30−04 2015−11−30−05 2015−11−30−06

しかし安すぎませんか!量と金額がおかしい(笑)もちろん新鮮。

2015−11−30−07 2015−11−30−08

ここでおばちゃんに話しを聞いてみましたが、ここに並んでいる3倍くらいは山盛りになっていたそうです(笑)それがここまで売れたとのこと。

毎週土曜日の7:00〜昼前くらいまで開催中。

でも、これは地元民のみに向けた感じですね。観光地ではあるんですが、アクセスが悪すぎるところなので。

まとめ

ネックはこの「イチョウの木」意外は歩いて行ける距離には何もないところです。横を通る際に見るだけでも結構迫力はありますよ。ここを通って奥に行くと映画のロケ地や火の谷温泉という観光スポットもあります。

こんなイベントもやってたりと、色々観光地はあるので穴場や空いているところが良い、のほほ〜んとのんびりゆっくりしたい人にはオススメだと思います。車でしかいけないところというのがネックですね。でも、2016年春には廃線になっていたJRが開通するみたいなので、それ以降は電車でもいけるようになります。

電車に揺られて紅葉をみて、温泉ってのもありだと思います。夏には空き空きの小さめですがスライダー付きプールもやっているのでそこもいいかも。家族でのんびり過ごすにはもってこいです。

昭和の旧車・名車の展示と共に、地元食材の物産販売「トラック市」なるものが開催されたよ
営業の範囲に入っている「三重県津市美杉町のサークルK」に入ったときに、ポスターが貼られていたのをみて相方と行ってきました。「トラック市」このトラック市ってなんだろうなと、調べてみた。すると、地元の食材をトラックの荷台に乗せて販売をするとのこと。 さてさて時間が10時〜15時までと遅めの開始で早めの終了。ぼくが行ったのが11時頃でした。会場は木材販売場の木材を整理して解放されていました。ここは山に囲まれた自然豊かな土地。空気も川もキレイで気持ちがいいところ。ちょっと前には、伊藤英明、長澤まさみ出演の「WOOD JOB(ウッジョブ)」っていう映画のロケ地になったところでもあります。それで取材やら特集は組まれてました。そこは置いといて(笑)おりゃーっと勢い良く入り口から入っていく。 のぼりもしっかり立ててあった分かりやすい。駐車場は雑多に停めるだけだったので、どこに停めていいのか悩んでしまった。場所までは誘導してくれるけど、停め方までは誘導されなかったので適当に停めて(笑) のどかーにやっていました。 ワゴン販売やテントで物産の販売もありました。そして旧車、名車の展示。真ん中に展示されてそれを囲むような形で色んなものを販売という形。 懐かしい!幼き頃にみたものが(笑)「チョーク」とか!車の鍵はこなんなところにとか色んな発見もあり車好きにとっては楽しかった。でも なぜにHONDAのスーパーカーと言われる「NSX」があるの!無限HONDAエンジンだしレース仕様ぽく、それなのにエンジンがピカピカ。場違いな感じだったけど昭和の名車といえばそうだなぁっと。やっぱりありました映画に使われたという 軽トラとトラックの展示もされていました。ちゃんと残してあるもんですね。 まとめ 感想としては、同じくらいの規模で同じようなものだと2度は行かないなって思った。今後も続けて大きくしていき、来場者を増やすなら駐車場の確保と展示する車の台数の確保、目玉となるものを開催しないとダメでしょうね。旧車・名車の展示台数が確認出来たのが34台でした。しかもイベントの冠となっている「トラック市」のトラックが1台だけでは、さすがに総スカン食らいますよコレ。地元直販なのにそこまで安値感もなかったし・・・。

住所:〒515-3201 三重県津市美杉町竹原 竹原コミュニティー防災センターの駐車場に車を停めて、歩いて2分程。

時間:いつでも行ける!フリーです。夜は暗い(笑)

ゆるくいこー。

よければSNSで拡散、フォローしてください。

スポンサーリンク

よければシェアしてみませんか?

3 件のコメント

  • ずっと前に、「赤目」にいったことがあります。それはそれは渓谷美がすばらしく、とってもよいところでした。
    障害をもってから行ったのですが、手を引かれながらもよく歩いたもんだと思い、なつかしくなります。

  • isaku (id:levites)さん
    見つけようと思っても見つかるもんじゃない場所ですしねー!
    id:kame710さん
    赤目行ったんですか!障害あってあそこ行くって結構なチャレンジですよ。でも行く価値ありますねー!