三重県に夜明け前に着いたら日の出がいい 意外と穴場

スポンサーリンク

2015−05−28−01

この前早朝に散歩しながら考えていたのが、もうちょっと早かったら日の出が見れたのかーと思いつつ歩いていた。昔を思い出した。おおみそかに伊勢神宮へ年越し参り行った時、二見の夫婦岩の間から日の出を見ようと二見興玉神社へ行った。到着してみると、人がごった返し中々前へ進めない。事前調べもしないで行ったのが運の尽き。

同じ事を考えている人が多数いて、当たり前っちゃ当たり前。30分程人ゴミに揉まれながら、夫婦岩の正面へ行き後少しで日の出の時間なのか薄暗くなってきた。その時に、拡声器を持ったスタッフの人が呼びかけてます。「夫婦岩の間からは日の出は見れません!!!」えっ?どういう事この時期に日の出が見れる方向は真逆で山側から登ると。

えええええええまじでえええええええーー!この労力はなんだったのだろうか。悲しくなりましたょ。仕方がないので、来た道をトボトボと戻ります。興玉神社へお参りに来てる人と、自分たちと同じく夫婦岩の間から日の出をみようと来てる人もいるでしょう。戻る道ですれ違う人を見て、行っても日の出は見れないぞ。フフフって悪の思いが巡ったのは言うまでもありません(笑)

三重県へ観光の為に深夜に車で来るって言う人や、二見にて宿泊予定なら【5月〜7月の期間で夫婦岩の間から日の出が見えます!!】結構穴場スポットだと思います。無料だしそこまで人もいないでしょうから。

宿泊予定している人なら、チェックイン(アウト)時に名物「くうや餅」がオススメです。あまり知名度がないと思います。「赤福」も好きだけど、それよりも自分は「くうや餅」が好きです。あなたならどっちを選びますか?
場所で覚えているので、店の名前は覚えてない、これを書くにあたって調べてみたら、「鈴木翠松軒」っていう店で正式名称が「くうや観助餅(かんすけもち)」って言うんですねぇ〜ああー食べたくなってきたぁ!お土産でもらう側になってみると、赤福って誰でも買って来てくれるだろうからくうや餅をお土産で持っていったら、センスいいなって思ってもらうかも。話のネタにもなるし。こういう穴場というか、知名度低い物が意外とあるものなのです。

※お土産物屋さんにも売ってたはず。三重県に観光や出張で来る時にでも、一度試してみては。色んなスポットへ出かけよう。

ゆるくいこー。

スポンサーリンク