「努力は必ず報われる」というのは単なる幻想でしかない

スポンサーリンク

2015-08-24-01

どこかで聞いたことのある言葉です。「努力は必ず報われる」これって、成功して報われた人が言っているから言えることで、報われない人が大半ですよね。成功者がこぞって言っていることって、ほとんどの人が実践していることがほとんど、確率でいったらほとんどの人がやっていることだから、成功したらこんなこと実践してたって言えるだけなんです。

結構、重要な要素って「運」が大きいです。出会いにしても、タイミングにしても自分で決めているんだろうけど、それって運がないとことは進んでいきません。なので何でも思ったことをやっているっていうのは凄く重要なんだなって。

「努力は必ず報われる」これを紐解いていきます。

「努力は必ず報われる」ではなくて「努力は報われました」が正解じゃないかなぁ。「必ず」ってまずおかしいよね。「必ず」がなければ、確かにそうだなって共感はできるけどこの言葉が付いているだけで共感できない。でも、解釈の仕方、その人の捉え方で必ずっていうのもあるのかなとも思う。着地点をどこに置くかによって人によって違うので、そこで妥協したら報われたって思うかもしれない。スポーツを本気でやっている人は、ずっと努力している。報われたときっていうのは、

  • レギュラーになったから?
  • 辛い練習を耐えたから?
  • 飽きっぽい自分が長く続いたっていうことで自信がついた?

考え方の着地点によって、その達成度が違うんだよね。日本語って難しい。あるアーティストの歌詞で。

  • 「絶対なんて絶対ない」って、それはすでに絶対ですよね。と言っている。絶対って言い切っているのに、それがないと言っている矛盾。
  • 「全てのことに自信がない」って、いうその自信。
  • 「誤解を恐れず言わせてもらいます」というのを、恐れて言うんですよね。

なんとでも言える、どうとでも解釈できる言葉って、言葉遊びで使うのならいいでしょうけど、矛盾していることを堂々というのはどうかなって。言っていた人のことが嫌いって訳ではないですよ。念のため。

ゆるくいこー。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク