パーカーの紐は意味があるのか調べてみたよ!あなたはどうしてます?

スポンサーリンク

2015−11−06−1

ふと友人と話しているときに、「パーカーの紐が抜けてるよ」って言われました。なぜかって?それは紐を抜いてるからです。「邪魔だから抜いているよ」言うと不思議がっていました。そこでこの紐はどんな意味、役割を果たしているのかというのを調べてみました。

これっていう決め手はありませんでした。強いていうなら、フードを被って防寒対策をしたときに取れないようにする。ということ。被らないといらないってことだよね。ヨット用の防水コートからきた名残だというのも見ました。

メリットを考えてみる。

  • 被らなくても「ちょうちょう結びをする」ことで首元のアクセントになる
  • 紐の色を変えることによっておしゃれに見える
  • フードを被ったときに外れなくなる

これくらいです。ではデメリットの方は

  • 食事をするときに食材にくっ付いてしまう
  • 顔を洗うさいに邪魔
  • 小さい子供に引っ張られる
  • 洗濯してヘタしたら中に入り込んでしまう

なくても問題ない

比べてみると、抜いてしまって紐がなくても全く支障がない!ぼくの場合寒いときにはフードを被ることがたまにあります。でも、ずっと被っていることはないんですよね。紐があることの方が問題になることがある。wiki先生に教えてもらったところ、事故が起こっているとのこと

子供のフードなどによる事故発生を受けて2008年、日本の子供服の業界団体「全日本婦人子供服工業組合連合会」は、安全対策の自主指針を作成。2010年に改正もおこない、身長120cm未満の衣服においては、「上着のフード・襟首の部分に引きひもを付けないこと」などの具体案を盛り込んだ

引用元:wikipedia

こういった規制も入っているという。小さい子供にとっては危険な物って認識なんですねぇ。コレは初めて知りました。子供服でパーカーの紐がないっていうのは、注意してみてなかった。フードついてても紐はないってのが多いのかなぁ。今度、子供服みたときに確認してみてください。

まとめ

あれ?って思ったくだらないことを自分なりに考察してみました。どうだったでしょうか(笑)おそらく「ふ〜ん」で終わるでしょうねー。あなたのそのきょとんとした感じを想像すると笑えてきます!ふふふ、してやったり!って自己満足で終わりますね!

ぼくの周りでは紐を抜いているひとは過去に一人しかいません。そのまま派のが多いのかな!?この抜いた紐ってなんかに使えそうなんだけどなー(笑)誰かいい案を持ってませんかー?「ズボンの腰の紐」か「靴ひも」くらいかな。手芸!

ゆるくいこー。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

よければSNSで拡散してください。

スポンサーリンク