失敗をしたことが成功だということ

スポンサーリンク

2015−12−26−1

ぼくが参加しているオンラインサロン「ヨッセンスクール」の恒例になりつつある共通のテーマで書こうという企画の「失敗から得た教訓」で書いてみたいと思います。

ぼくは失敗を失敗と思わないんですね。何かを達成するための過程なので失敗ではないと考えてます。何を持って失敗というかですよね。ポジティブが大事!(笑)

今年のやってしまったなということ

失敗したーって思ったことは、「ブログをスグに始めなかったこと」です。失敗していないんですけどね(笑)今年の5月からブログを始めました。厳密にいうとゴールデンウィークからなので4月末から始めてます。でもブログをやってみようって思ったのはもっと早かったんですよね。

何でも「やってみよう!」って思ったときにやり始めるべきですね。何でスグにやらかったのか。

安心感を得たかった

なぜスグにやり始めなかったのかなって考えてみたんです。まずどうしていいか分からないから調べます。調べ始めると色々と分からないことでいっぱい。分からないことを調べ始めると延々と横に逸れていくという悪循環でした。そんなことしてたらいつまで経っても始められないよ!って話(笑)

どこで修正出来たのかというと、仕事終わってから家事や寝る準備して調べててそろそろ始めないとって思ってて焦り出す。でも明日からやろうって伸ばし伸ばし。自分自信を追い詰めていってました。そして苦しくなって爆発!みたいな感じでした!

その爆発というのが、やらなきゃ何も変わらない。「さてやるか」ってスグに始められました。何でこんなことでグダグダと悩んでたのか不思議だなって思った記憶があります。

ブログをやり始めたら、どうやっていいか分からずも、書きたいと思ったことを文章が下手なりに書いていく。実際は最初なんて500文字かけたらいい方です。書きたいこと言いたいことがあるのに上手く文章にならない。ものスゴイ葛藤です。

本当、苦しかった。中途半端で終わるのは嫌だったし継続していかないと意味がない。3ヶ月ちょっと毎日更新して100記事書いたくらいで、ストレス発散になっている。なんか面白いぞ、楽しいぞって思えてきてました。

楽しくも面白いのは

結構他のブロガーさんは、アクセスが上がってきたら面白くなってきたとかいうのはよく見ます。でもぼくは、ほとんどPVは見てなかったのでどんだけあったのか分かりません。オンラインサロンに入ったのが結構大きかった。今は退会していますが「イケダハヤトのブログ塾」に入っていてモチベーションを保つのにはよかった。その中でアドバイスをもらえるんですね。でも記事がないとアドバイスのしようがない訳です。まずは書かないことには始まらないわけです。

アドバイスをもらうために書いてた感じですね。ちゃんと書いてアドバイスをもらったのが100記事書いたところでした。そこから半年が経ったころに今参加中の「ヨッセンスクール」に入りました。そこに入ってからは、もっとモチベーションがあがってきました。

Twitterを使っていろんな人と絡めたり、今はWordPressで書いてますが「はてなブログ」で書いててスターやコメント、ブックマークを上手く使えるようになって余計に楽しくなってきました。読んでくれる方やシェアしてくれる方、コメントをくれる方とかもう見てもらえてるーってのが嬉しいって思えました。

読んでくれていて、反応もらえるってこんなに嬉しいものかと思いましたねー。これから先もずっとブログを続けていくんですけど、もう止められないでしょうね。楽しいし面白いですからね。

まとめ

もう言っちゃってますが、得られた教訓は「明日やろうじゃなくて今”スグ”やろう!」ということです。先延ばしにしてもなにも良いことはないし得るものはない。もう一つは「やらないで後悔するよりも、やってから後悔しよう」もちろん後悔はしたくないですよ(笑)行動すること、やって後悔してもそれは先に進んだってこと。やらなければなにも変わらない、現状維持か悪くなるかって言ってもいい方へは向かない。当たり前だけど。

ぼくはどんどんと変わっていきたい。いい意味で変わりたいです。これからも楽しんでいくどー!

ゆるくいこー。

よければSNSでシェア、フォローしてください。

スポンサーリンク