ハンドクリームを塗る時は手の甲か手のひら、どっちに出して広げる?わたしの愛用品【ロコベース】も紹介するよ!

スポンサーリンク

めいたくハウスへいらっしゃい!かちこ(@kachiko_0712)です。

わたしは冬場になると手荒れがひどいです。カサカサで、水仕事をするとボロボロになるのでハンドクリームが必要不可欠です。

ある日、わたしの相方【めいたく】の手を見ると指先がガサガサだったので「ハンドクリームを塗ろっか」と言うと、両手を広げて、手のひらを出してきました。「普通は片方の手の甲にハンドクリームをのせるでしょ」と言ったら、相方に「普通ってなんや?誰が決めた?」と突っ込まれました。

確かに決まってはないけど、なんとなくハンドクリームって、手の甲にのせて広げるもんやと思っていたので驚いて思わず言ってしまったんですよね。最近は相方も自分のハンドクリームを持っていて、職場でもこまめに塗っているらしいんですけど、やっぱり手のひらに出していると同僚からわたしと同じように突っ込まれたそうです。

わたしの塗り方

相方に「かちこはどうやって塗ってるの?」と聞かれたので説明しました。

左手の甲にのせて、右手で包んでクリームを温めます。やわらかくなってくるので手の甲・手のひら全体に円を描きながら伸ばします。指先は一本ずつクルクルと円を描きながら伸ばして、関節の部分は念入りに擦り込むようにします。

そのあとにマッサージを兼ねてほぐします。そうすると、指先が少し温まってきて血行がよくなってきます。

と、これこそ「普通やん!」と突っ込まれそうですけど、これをしないと関節のところがパックリ割れちゃってたいへんです。

わたし愛用のハンドクリームはこれ。

2018 01 06 001

ロコベース リペア (クリーム)

これを愛用している理由

8年くらいずっと使ってます。箱に【密着ハードタイプ】と書いてるとおり、固めのクリームで「濃厚」です。なので少しの量にしないとベタベタします。

8年前の仕事では手袋なしで水を使うことが結構多かったので手荒れが本当に酷かったです。治ってきた頃にまたパックリ割れてくるとかで辛かったんで、いろんなハンドクリームをしばらく試しましたがすぐ割れてくるし痛いし。

母に相談したら「こないだ薬剤師さんからええのあるよ。って何かチラシもらったな…」と聞いたので、ドラッグストアで薬剤師さんに相談しました。

薬剤師さんから「おススメは【ロコベース リペア】って商品なんですけど、成分がナノ化されているので手にしっかり浸透して馴染んでくれるし、10時間くらい水から守れますよ」って聞いて、そらすごいじゃないか!って即購入しました。

2018 01 06 002

使用感も良くパックリ割れがなくなって、もうそれだけでも嬉しかった。使うのをやめたらまたひどくなる気がしてずっと使ってます。肌に含まれる成分と同じだし、香料・着色料・防腐剤無添加で余分なものが入ってないのも良い! と、そんなこんなで8年、です。

さいごに

始めに書いた「ハンドクリームは手の甲にのせるでしょ」問題なんですが、次の画像をみてください…

2018 01 06 004

手のひらに』って書いてる‼︎

まさかの事態にびっくりです。相方ごめんね〜(笑)

と、とにかく手に出して温めて広げて馴染ませれば良いんですね。

ロコベース リペアには【乳液タイプ】もあって、「乳液タイプ」は温めなくてもさらっと伸びますが、長時間水から守れるのは【ハードタイプ】なのでお気をつけくださいね

ちなみに相方が使っているのはこれです。

ロコベース リペアは、ちょっとお高めなんで、相方はコスパ重視でこれを選んでます。もちろん効果あってこれを使ってるのも理由の一つですよ。職場では女子力高い系おにいさんと言われたとか言われないとか(笑)

わたしはお値段高めでも十分な効果を実感したのでこれからも「ロコベースリペア」を使い続けますよ〜。

かちこ

スポンサーリンク