高齢者ドライバーの対策を考えてみたよ!!

2016-11-24-1

スポンサーリンク

まいど!三重県のブロガー めいたく(@floor0429)です。

これからの高齢者社会で問題はてんこ盛り。その中でよくニュースで流れてきているのが高齢者ドライバーの事故です。

マスコミの情報操作っていうのもあるとので一概には言えませんが、今に限ったことじゃなくてずっとあったことだと思います。

高齢者ドライバーの事故にスポットが当たったから、連日マスコミが報道してんだろうなって簡単に想像できます。

都会ではそこまで深刻ではないですが、田舎では車がないと生活がなりたたないんですよね。車は必要、でも高齢者ドライバーの事故が増えている。

ぼくは事故を無くすことが先決だと思っています。それなら運転させなきゃいいってなりますよね。

免許の返納をしてもらうか強制的に取り上げるのが手っ取り早い。でもそういう訳にはいかないから難しい。この先どんどん高齢者ドライバーが増えていくから早急に対策をしないとダメ。

なので、この高齢者ドライバーをどうすればいいのかって対策をぼくなりに考えてみました。

高齢者に運転を辞めさせる方法は「絶対に乗らないこと」です

2016.06.05

上限を決める

年齢制限の上限を決めるしかないと思うんですよ。だって免許を取れる年齢が決まっているのだから持てない年齢を決めてもいいでしょって話です。

もともと福祉系で働いていたので、高齢者がどうなっていくかって勉強していたので言えることですが、子供が大人になってある一定の年齢からまた子供に戻っていくことが分かっているからです。

高齢者は経験を積んだ頭の固い、知識が子供よりある子供という位置付けなのです。こう文字を見ると面倒くさいことこの上ないですね(笑)

そりゃ高齢者からは不満は出るでしょう。でもよく考えてください。成長が早い子供って中学生くらいでも頭はいいし身体も出来上がっていますよね。

運転出来ないって思いますか? どう考えても運転出来ますよね?

高齢者もそれと一緒なんです。「俺は大丈夫」「私は大丈夫」って言う高齢者が多々いるでしょう。それは自己判断ですよってこと。

側からみてたら怖いことこの上ないんですよと理解して欲しいものです。

なので一律80歳になったら免許は返納することと上限を決めるわけです。

さてそうなると田舎に暮らす人は足を失います。大半の高齢者は何かしらで病気で通院しています。

高齢者では必須と言わざるを得ない病院は中心部へ行かないとない。買い物にしてもそう。子供や孫の協力体制がある人はいいですが、ない人は困ります。

都会へ住もう

都会へ、中心部へ引っ越して住めばいいんですよ。限界集落という田舎は潰せば良い。潰せばいいというのは語弊がありますが、車を運転出来なくなったら都会、中心部へ行くことです。

高齢者が中心部へ行くことで1日に1本しかないようなバス、赤字路線な電車を廃止出来る。その赤字路線に行政が補助として出していたものを高齢者の都会生活を助けてあげれば良いんじゃない。

先祖代々だとか言うのが出てくる

こう言うと「昔から住んでた家だから」とか「先祖代々受け継いできたものを自分の代で潰すわけには」とかそこまで重要?

まぁ重要だとしましょう。ならその高齢者の子供はなぜ家を出ていったのでしょうか? 重要なら残っているでしょ?

子供がいないから自分がって言う人は跡を継ぐ人がいないから余計に終わりでしょって思うんだけどどうだろうか。

そんな重要じゃないでしょ。歴史があるから先祖に申し訳ないとかそれって自己満足でしかないことを理解しよう。

その結果、その田舎に残って交通事故を起こしてしまっては元も子もない。

未来ある子供の方が大事

こう言っちゃなんだけど、老い先短い高齢者ドライバーが、まだまだ人生が長いこれからっていう小学生をひいて、その小学生が死亡、後遺症が残ってしまうことを考えたらって思えば理解出来ますよね。

命はどれも大切っていうのはもちろん分かっています。でも価値をしてみれば高齢者<子供っていうのは誰しもが理解しているはず。

未来を創っていくのはどう考えても子供たちですからね。子供を育てやすい環境、子供が育ちやすい環境を作っていくのは最重要課題じゃないのかな。

老人ホームを有効活用

高齢者ってなんかしら病気を持っていることが多い。ということは介護認定を受ける可能性は高いんですよ。

介護保険で介護認定を受ければ、今の所たくさんのサービスを受けれます。その中で要介護3以上の認定を受けたら老人ホームに入ることも可能。

老人ホームは嫌だって言う人も多いですが、社会や家庭の事情を考えたらそうすべき。わがまま言うなって話し。

政府は在宅介護を推奨していますが、近年の政策では施設での介護を推奨しているように、、、ってこれはまた別の問題でした。

実際のところ、ぼくの住む三重県って田舎です。その中の限界集落なんかの高齢者は介護認定を受けている人って結構多いんですよね。

心配だから早く老人ホームに入れたいって思っている家族も多い。その家族と高齢者が一緒に住めばまた違うんだけどね。

一緒に生活したくないという子供や孫も多いのは寂しい限りですが。

高齢者ドライバーの事故を無くす対策は

  1. 80歳で免許の返納
  2. 田舎の公共交通機関の廃止
  3. 都会(中心部)へ引っ越し
  4. 引っ越したら補助が出る

ということをすればOKじゃないでしょうか!!

都会、中心部に既に住んでいる人は公共交通機関が充実してるので問題ないよね。

問題点

どうせ返納しても、ワガママ高齢者は無免許で乗る人が後を絶たないと思うんですよ。無免許運転したら即、刑務所へ行く。

とするか罰金1000万くらい課してもいいんじゃないかな。貯金はたんまりあるんだろうし、お金を回さないとねという観点で!

まとめ

高齢者ドライバーの事故のニュースを見て、「またか」って思ってしまう。そう思う自分も嫌なんだけどねぇ。

早急に対策しないと大変だと思ったので、ぼくなりに考えてみました。実現可能だと思うんだけどどうでしょうか!!

高齢者ドライバーの返納が増えますように。

ゆるくいこー。

参考になれシェア、フォローしてもらうと嬉しいです。

スポンサーリンク