無駄に長い病院の順番待ち、予約していても意味がない理由

スポンサーリンク

2015-10-23-01

仕事でよくいくことがある、病院。ロビーを通り外来を横目に病棟へいく訳ですが、そんなときに目にしている高齢者の人々。当たり前のようにありえない人数が待っています。この光景をみて思うことは、病院をデイサービス変わりに使っているんだなあって。そんなに元気で病院にくるの?薬をもらいにくるだけでコレですか。

午前中に集中している点

ほとんどの高齢者に共通する点として、午前中にものすごく多いんですよ。介護事業で通院乗降っていうのがあるんですが、ここも朝一っていうので埋まってしまっている。介護タクシーにしてもそう。午後からにすりゃもっと空いてくるのに。なんで出来ないんでしょうか。会社員とか午前中に病院いってから出勤とかしたい人いるわけなのに。時間がたっぷりある高齢者、しかもどの時間でも問題ない高齢者。そのために無駄に待たされる。予約していてもです。やれやれ。

医療保険やめませんか

改善するには医療保険制度があるからダメ。無くすしかない。国費も圧迫していることですし、なくなればこういうことも消滅しますよね。医療保険制度を利用することで通院して安く済むし、人によっては無料だったりしますからね。サラリーマンとか高い医療保険料を毎月払っているけど、それってその分を貯金に回したらいいんじゃないだろうか。

会社との折半だから現在引かれてる金額の倍が貯金としていざというときに出すためにおいて置いたらいい。それによって民間会社が医療保険っていうのを出してくるでしょ。そのお金で保険料として民間保険会社に払えばいい。現にアメリカとかそうしてんじゃん。

言われているのが、すぐに治療が受けれないとか。病気になったらまずは保険会社へ連絡してから。いやいや、まずはお金と命どっちが大事って話です。保険会社へ連絡することなんてなんとでもなるでしょ。

まとめ

民間の保険会社にすることで、営利目的なんだからそこで雇用は生まれるし行政より上手く回すよね。それによって法人税なりで税収につながるやん。なんで分からないんだ行政は。高齢者にお金をかけて優遇してもプラスにならないことが多すぎる。あ、選挙でプラスになるか・・。デイサービスのように病院を使うのは迷惑だって、いうのが分かっていないのが厄介です。本当、老害ですね・・・。言っても何が悪いのっていうでしょうからねぇ。

ゆるくいこー。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

よければSNSで拡散していただくと嬉しいです。

スポンサーリンク