風邪をひいたときには、こうしとけ!

スポンサーリンク

2015-10-24-01

ここ3日ほど風邪をひいてしまい寝込んでました。疲れとストレスなんだろうなって思いながら寝てました。風邪をひいたときには、あなたはどうしますか?病院へ行く、薬を飲む、おばあちゃんの知恵袋的なことを試しますか?(笑)ぼくは風邪をひいた、寒気がしてやばいなってときにはとにかく汗をかくんです!

汗をかくためには

ぼくはインナーとスウェット等を着込み、毛布と布団も数枚準備してその中へ潜る。顔が出るくらいの外への空気の道を作って、呼吸を楽にする。近くに、常温のお茶や白湯(沸かしただけの水を常温まで冷ましたもの)とタオル(汗拭き用)を置いておく。この状態でとにかく、汗を出しまくります。

そのまま寝るんですが、2時間くらいで目が覚めます(笑)暑すぎるからね。寝ているだけなのになぜか呼吸が激しいという。汗が出たところですぐに着替えます。このときにしっかりと汗を拭いてから新しいものに着替えます。これを3〜4回すると熱は下がります。8割方これで風邪は治っていきます。合わせて薬を飲むと効果的です。いうまでもなく水分はしっかりと取るようにしないと脱水症状を起こすので気をつけて!

効果がなければ

これで効果がなければ、インフルエンザの可能性があります。去年の冬にぼくが経験しました。人生で初のインフルエンザ!今回も効果がなかったんです。さすがに病院にいきました。インフルエンザかなと思ったらそうではなかって安心しました。おそらく、歳を取ったのが大きいのでしょう。若いころのようにはいかないってことです(泣)薬を処方してもらって熱は下がりました。

まとめ

やはり、歳をとることで免疫力や回復力が下がっているのを実感して、もっと慎重にならないとなって無茶はしないようにしないとなって教訓を得ました。歳はとりたくないもんですが、これだけはどうしようもないです!

風邪を引くことで、無理が効かないって分かっただけでも良しとしないと。なんでもプラス思考プラス思考。

ゆるくいこー。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

よければSNSで拡散していただくと嬉しいです。

スポンサーリンク