ドラッグストアの仕事ってどんなの?良いこと・悪いこと・お得なこと知ってますか?

スポンサーリンク

めいたくハウスへいらっしゃい!かちこ(@kachiko_0712)です。

わたしはドラッグストアが好きです。買い物に行くといろんな物が豊富にあるのでワクワクして、つい目的と関係ないところもウロウロして、相方がしびれを切らしています。わたしと同じで好きな人は多いんじゃないでしょうか?

ドラッグストアの仕事ってどんなイメージですか? 楽しそう? ラクそう? 大変そう?

ドラッグストアで働いたことがあります。元々ドラッグストアが好きだったので「働けたら楽しそう」という感覚で求人に応募しました。実際は楽しいばかりではなかったですが、良いこともありました。

当時の仕事(パート従業員)のお話をするんで気になる人はお付き合いください!

ひたすら品出し

仕事は大まかに言うと3種類です。

  • 品出し
  • レジ
  • クリンリネス(清掃)

わたしが働いていたお店は薬の他に化粧品、日用品、食品(野菜・肉魚・惣菜は除く)、お酒にタバコを取り扱っていました。大型店だったので種類が豊富でした。仕事終わりに買い物したら、休みの日に近くのスーパーで生鮮食品を購入すればいいくらい。ほぼスーパーでした。

「種類が豊富=商品の量が膨大」で、曜日ごとに納品の種類が分かれていて毎日朝から晩まで品出しに追われます。みんな必死。朝礼を終えたら、トイレと店内清掃・食品の品出し(牛乳や豆腐などの冷蔵の商品)を分担してオープンまでに終わらせます。

好きが役に立つ瞬間

営業中は「薬・日用品・お菓子などの冷蔵ではない食品・飲料」などの品出しをしながら売り場メンテナンス(整理)もします。早く品出しをするにはありとあらゆる商品の売り場を知っていなければいけない…

慣れるまで新人さんは無駄にウロウロしちゃいます。よく見たら目の前にあったやん! (笑)ってよくある話。その点ではわたしはそのころ暇があればドラッグストアに行ってたので問題なかったという、「好きが役に立つ」瞬間でした。

品出しの良いところ・悪いところ

品出しの良いところは、思いがけず良いものに出会えるところ。自分が知らなかったもので、「こんな便利なもの(よいもの)があったのか」と気づいたり、新商品にいち早く巡り会えるところです。ドラッグストア好きには新商品が出たら早くおさえたい欲求がありませんか? わたしだけかもですが、それを楽しみに頑張れました!

悪いところは、商品の中には重いものもあって、納品時に倉庫に積み上げられた2リットルのペットボトルのケースを、品出しで売り場に積みなおす…これを繰り返すと腰にくるんですよ(泣)張り切りすぎると腰を痛めちゃいます。

品出し以外の仕事で心がけたこと

レジは2時間ごとの交代制でした。うーんあまり説明することはないですね…自分が担当する時は「丁寧に早く処理する」ことを心がけていました。商品をスキャンしながら袋に詰めて行くのでスーパーのレジよりは遅かったと思います。

クリンリネス(清掃)は営業中に床のモップがけ、化粧品売り場のテスターやパフの清掃などを行います。とくにテスターの清掃は大事です。乱雑になっていると「不潔に見える=購買意欲の低下」につながるからです。陳列棚に埃(ホコリ)なんて厳禁。自分がお客様の立場だったら、清潔感のないところでは絶対買いたくないのでどこよりも気を遣いました。

商品の勉強や美容部員さんのお手伝いもします

新商品や【月間のオススメ商品】について資料をもらうのでよく読んで覚えます。覚えたことは、朝礼で頭に入っているか確認されました。間違えて怒られることはないけどお客様にウソを言ってはいけないし、自分の為にもなるんで割と真面目に勉強しましたよ。

商品の使用感をお客様にお伝えする為に、普段は興味がなくて買わないような商品の、テスターや試供品を使えるので「これ、思ってたよりいいやん!」っていう発見もできました。

美容部員さんのお手伝いは楽しかった!

大体どこのドラッグストアでも化粧品売り場がありますが、カウンセリングのカウンターがあって、美容部員(ビューティーアドバイザー・以下BA)の方がいました。

化粧品売り場のお手伝いでカウンターに入っている時に、お客様がスキンケアや商品の相談に来られます。
タッチアップ(スキンケアや化粧の実演アドバイス)はBAさんのお仕事だし専門分野なのでわたし達にはできません。

ただ、商品について答えて差し支えないことは対応するので化粧品の勉強も重要です。月に一度勉強会がありました。この化粧水とあの化粧水の違いは?とか、シーズンごとに出る新商品の特徴とかおすすめの仕方を勉強しました。

勉強しながら新商品を一足先に試せるし、BAさんにタッチアップしてもらえるし、これはお得ですよ!

わたしが働いていたところはBAさんが一人しかいなかったので、朝から晩まで常駐しているわけじゃなく、いない時間帯はわたし達がカウンターに入り、クリンリネス(清掃)・品出し・発注・ラッピング・顧客カルテの整理・DMやチラシの準備など、できることをしていました。

売り場を華やかに見せるための飾り付けや売り場作り、商品のラッピングをBAさんと一緒にするのも楽しかったですね。

さいごに

なぜこの話? っていうのは同僚の会話がきっかけでした。

パートの同僚二人がもしも次に転職するなら何がいいか話していたんです。
「ドラッグストアってラクでいいんじゃない?」「薬のことをお客様に聞かれたら薬剤師呼べばいいし」「軽いものばかりだからラクでいいよね」

「やっぱ、そう思うよね〜」ってわたしもそんな感覚だったのを思い出しました。確かにそういう職場もあるだろうけど…「そんな簡単でもないよ」と言いたい。まあ、そこでいきなり話に割って入って熱く語るのもないか。ということで書いてみました。

どんな仕事もやってみないと楽しさも大変さも分からないですよね。ドラッグストアに限らず、わたしたちが便利だと思ったり、あって助かるって思うものはそれだけ大変な仕事なんだと覚えておきたいです。

気になったら、やってみるのが一番ですね!

かちこ

スポンサーリンク