日本の借金を減らすには、どうすべきか考えたら「簡単だった」

スポンサーリンク

2015−08−10−1

つい先日こんな記事が

人事院、国家公務員の月給、ボーナス引き上げを勧告 年間給与5万9000円増
人事院は6日、平成27年度の国家公務員一般職の月給を平均0.36%、ボーナス(期末・勤勉手当)を0.1カ月分、それぞれ引き上げるよう国会と内閣に勧告した。月給と&

日本の借金はいくらあるか知っていますか?1000兆以上あるんですよ?日々上がり続けています。これで破綻しない日本って単純にすごい!の一言です。本当。実際のところそんだけ余力があるから破綻せずにいるっていうところ。詳しくは調べたらいっぱいでてくる。日本の借金が増え続けているのに国家公務員の給与、月給とボーナスの引き上げとか何を考えてんのかと。狂気の沙汰やん。借金を減らさないとダメっていってんのになんなの?バカなの?なので、自分が日本の借金を減らすためにはどうしたらいいか考えたよ。

日本の借金の減らし方は

【国家公務員の給与を減らしたらいい】超簡単でしょ!それも月給を減らせって言っているわけではないんですよ?ボーナスをなくせばいい。そうすることで、スグ借金がなくなると思いませんか?考えてもみてください。一般の企業を。大企業って言っても大多数人が働いているところっていったら中小企業、零細企業じゃないですか。そんな大企業をみて民間企業と同水準の給与に合わせていますっていっても、納得できませんて。

ボーナスの金額とか発表されてるけどそんな金額みたことない。普通に民間企業だったら業績不振で利益が確保できなかったり前年比を割っていたら、ボーナスカットや給与カットが普通ですよね。良識ある人なら誰でもわかるでしょうに。ましてや赤字だったらボーナスどころか給与も出なくなったりするわけで倒産していくわけでしょ。じゃあ国家公務員って国が雇っているわけですよね?国家公務員にとっての会社、雇い主っていうのは国って事ですよね?

国=会社

その国、ようは会社が借金背負っててどんどん借金が増えていっている状態で何で給与を上げれるんですかね。しかも、ボーナスも出てるっていう話。給与も昔ながらで年々上がっていく。そして、そんな国家公務員が仕事できるかっていったら、大半は時間がきたらいいって思っている人が多い。働き方みてたらわかります。誰がみてもね。

国家公務員にとっての国=企業・会社が赤字で借金だらけだったら普通は倒産です。国家公務員の給与を決めてんのが国家公務員だからおかしくなってんのに何で気づかないんだ?気づかないふりしてるだけなんだろうな。自分で自分の首絞めるようなこと普通はしませんからね。メディアも政治家がらみありそうやから報道とかしないんだろうなぁ〜本当、しがらみだらけだな。

ゆるくいこー。

最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。

スポンサーリンク