就活生からお金をとる、株式会社KADOKAWA・DWANGO、何があかんの?ええやん

スポンサーリンク

2015-08-12-01

2015年新卒入社試験で2,525円受験料をとっていたのを、2016年では3,000円の受験料をとります。っていったところ。詳しくは、ニュースをみてもらえばいいですが厳密にいうと、今回は実費の半分づつを持ちましょうと。前回と同じように、首都圏以外からはとることはしませんと。すごくいい取り組みですよねコレ。

一人で100社以上受ける人もいるって話をよく聞きますしね。昨年のとりくみは行政指導入ったとかさすが政府、バカですか?(笑)って言いたいです。あ、言っちゃったか。高卒なんて、一社しか受けれないんだよ。校内選考もあるし、一つの企業の結果を受けてからじゃないと次へいけないんだよ。

内定もらったら断るのはダメな風潮だし、2次試験があるものなら、その結果が出ないことにはどうしようもない。めちゃくちゃ縛られてんのに。気軽にエントリーしとけばいいやって今では簡単にネットからエントリーできるから、そんな本気じゃないのに
してしまう。お金がかかればもったいないしなぁって考える人は考えるでしょう。それだけで、お互いの利益になるやん。就活生が守られなけりゃあかんっていうような流れやめてほしい。

企業側からしたら、大変な労力を割いて採用試験やってんだからそこはどうでもいいの?って話。お金をとる=悪みたいな縮図。くだんねー!この企業に絶対に入りたい!って思っている人なら、たとえ数万円でも出す人は出すよ絶対。お金出すだけで、本気かどうかを見極めているってわかるんだから出すでしょ普通、賢い人ならね。

それをケチるならバカだし本気じゃないでしょ。ちょっと考えただけで分かるやん。採用の仕方なんて自由やしそこに口出すなんておかしな話。どんだけ政府は偉そうなんや・・・色んな採用方法をみてみたいもんです。脱出ゲームを早く脱出した人が
採用とか、人狼ゲームをやってみてその行動や考え方、発言で採用とか絶対におもしろいと思うけどなぁ〜(笑)

ゆるくいこー。

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク