冷凍食品が半額ですっていうセールの裏には何が。

スポンサーリンク

2015−08−09−1

たまーにみますよね?冷凍食品、半額セールという「のぼり」よく見るのが大型薬局。のぼりがズラッと並んでます。みなさんも、もう承知でしょうがこの冷凍食品の半額セールはこの「のぼり」の通りに受け取ってしまうと、しっかりと損してしまいます。

 

それは何故かというと【通常の売価からの半額セールではないからです。】よく見ると値段が、定価に戻っています。ようは、通常の売価が220円だとします。のぼりの通りに判断すると、普通は110円!安い!!って思う。

でも実際は定価に戻っているため定価400円。その半額で200円。通常の売価より20円は安くなっているけど、実際はほとんど変わりない。20円安くなっているのでまだいいですが、これ通常の売価と同じ金額だったりすることもあります。

 

【表示方法を変えただけ】
なんですよね。

インパクトが強い表示方法をすることで目につきやすくなって店舗に入ってもらいやすくする。この、店舗に入ってもらうことっていうのが非常に大事。大抵は、店舗に入ったら目についたものを気にしてしまい、衝動買いも起こりえます。

それに、何も買わずに出るのはって思う人も少なからずいるってことです。人が入らないことには売れることはないわけですからね〜。よく考えたものです。自分もそれに釣られて店舗に入った口ですけど!(笑)見てみて初めてそこに気づけたのでそれはそれでよかったです。

ちなみに、何も買ってはないです!えっへん!

 

ゆるくいこー。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク