Amazon Kindle電子書籍のポテンシャル

スポンサーリンク

基本的に書籍を買う時は、電子書籍それも全部Kindle版です。紙の本と違って、本を購入して持っているぞ感は少ない。あくまで体感ですが(笑)スマホがあればどこでも読めるのが大きい。

  • スマホとタブレットで共有が出来る
  • メモアプリに◯◯の本の何ページと残すと大事な所を忘れず見れる
  • 何冊も持てる

フッと考えるだけでコレだけメリットがある。周知の通り。そして試し読みも出来るのも大きい。そこで自分が少し前に間違えて、Kindle本を買って返品をした時に経験して気づいた事を書いてみます。Amazonの電子書籍、Kindle本はクリック一つで購入出来る。その為に誤クリックが多いみたいで、そんな案内がある。間違って買った訳じゃなくて、実際に欲しい本を買ったんだけど返したい事があった。

それはKindle本を買った後に、ダウンロードして読んでから返品て出来るのだろうか?それなら無料で読めるんじゃ?と思い実際にやってみた。問題なく最後までページをめくる事が出来たので、このまま返品をすれば無料で読めるのかなぁ〜?。7日以内なら返品可能となっていたので、出来そうな気がするけど、怖いから誰か試してー!

そして返品した後に、欲しい本だったのでもう一度購入しようとしたのですが、もう購入していますとの文字が出てきました。このままじゃ買えない・・・どうすれば・・・ヘルプ見てみると、問い合わせで電話番号入力すれば折り返し連絡しますと。依頼をしてみた。

依頼した時間は深夜2時30分頃それも日曜日、申請後5〜10分くらいしたら電話が鳴る「えっ!?」電話に出てみると、Amazonカスタマーセンターからの電話。「どうしましたか?」そこからやり取りをして、話を聞きました。

結論は、スグには反映されなくて、時間がかかるとの事でした。

連絡頂きましたので、このまま処理に入らせて頂きますと案内を頂きました。再度購入出来るようになったのは、6時間くらい経った頃でした。という事は、連絡をしていなければもっとかかっていたという事?それとも「処理に入らせて頂きます」といいながら放置で、オペレーションのままに処理されたのかどっちなんだろう。後者な気がしますが(笑)

今回「おおーマジかあああー」って思ったのが、日曜日の深夜2時30分くらいにもかかわらず、普通にオペレーターが対応してくれた事、こんな時間なのに丁寧な対応で折り返し電話が早かった事。Amazonなかなかのポテンシャルじゃないか!決済関係の取り扱い始まるみたいだし、当日配送がとかいってるし普通に関心しましたとさ。伸びてる企業は違うもんだなぁ。

ゆるくいこー。

スポンサーリンク