「めいたく」会社、辞めるって!

44b17691abd4221b7ff4245ce6756701.jpg

スポンサーリンク

まいど!めいたく(@floor0429)です。

ぼくが参加しているオンラインサロン「ヨッセンスクール」3月の共通テーマは「卒業」。

このテーマで書いてみたいと思います。ぼくが卒業するものは「会社」です。ということは会社を退職します。

小さなことが積み重なった

会社から卒業といってもサラリーマンを辞めて、独立・フリーランスになるというわけではありません。そうなればいいですけど(笑)

辞める大きな理由は、「ぼくじゃなくてもいいと思ったから」です。少し愚痴になりますが、仕事って考えてするものだと思うんですね。

言われたことだけをするのも仕事と言えるかもしれません。それではロボットと一緒でぼくの中では仕事をしてるとは言えないんです。

いい組織というのは、誰かが抜けても回る体制を作ることと言います。それイコール言われたことだけすることとは違います。

実際にあった事例では、ぼくに対してクレームが入ったと言われました。どんなクレームか言わずに「意見を出さずに黙っとけばいい」と一方的に言われました。

意味わかりますか?納得できますか?ぼくの仕事は相談業務です。意見を言わないと、提案をしないとダメな仕事です。

それを言わず黙っとけと。意味不明。もちろん何がダメでどういったクレームが入ったか聞きましたが、「言ったことをすればいい黙っとけと」パワハラの他なにものでもありませんね。

ぼくはどこの誰がそう言ってたのか何てどうでもいい。何がいけなかったのか意見を求めました。理由が分からないことには改善のしようがないわけです。

コレってバカでも分かりますよね?分からないのなら病院行った方がいいと思います。

矛盾しまくる

①こういったこともありました。お客さんは日曜日しか休みがなく他の日は18時以降しか時間がない方でした。ちなみに日曜日はぼくも休み。

必然的に18時以降にお宅へお邪魔するわけです。するとお客さんの時間に合わせてたら仕事にならないから自分の予定に合わせるように言われました。

②これとは違う日、ぼくはお客さんに「13:30〜14:00の間にお邪魔させていただきます」と伝えてありました。

するとぼくの携帯が13:50に鳴りました。どこにいるのか聞かれお客さんの家の前に着いたところと答えました。お客さんから電話があったからとのことでした。

その後、お客さんの家に入るとお客さんから「予定の時間はまだあったけど、大丈夫か確認しようとして電話してしまったの、ごめんねー」と。

ぼくも「いえいえいいですよー遅くなってしまってすみません」と言いました。別に何の問題もない出来事でした。

会社へ帰ると社長から「何で遅れた?」と言われました。「前の予定が押してたから」と答え、「13:30〜14:00の間で伺うことを伝えてあった」旨を説明しました。

言われた言葉が「いくら13:30〜14:00の間に行くと言っても、13:30には着いてないとあかんやろ。むしろそれより前に行って待っとるくらいしないとダメやろ」って言われました。

そして「自分の都合で予定を決めずに、お客さんに合わせないとダメだろ」と。

ツッコミどころ満載すぎて笑えてきますね。こちらとしてはイレギュラーがあるから時間に30分の幅を持たせてありました。

前の予定が押してくる可能性と交通状況ではっきりしないから、幅を持たせてるわけです。前には自分の予定に合わせろと言っておきながら今度はお客さんに合わせろと180度意見が変わっていました。

一体どうしろと?当然このことを言いました。でも「☆▲◇※?〜!○」と何を言っているか分からない言葉を発しながらどっか行っちゃいました。

パワハラとはこういうこと

また違うときには、おじいちゃん、おばあちゃんをぼくは親しみを込めて「おとうさん、おかあさん」と呼んでいました。するとそれは止めろと言われました。

それもクレームが入ったからという理由で。おそらく社長とお客さんの家に行った時にぼくが言っているのを聞いて言っているのがみえみえ。それをクレームが入ったと嘘を平気で言う。

ぼくは7年この仕事をしていますが、一度たりともそんなクレームを受けたことがありません。十人十色でそんなクレームを入るかもしれませんが、7年の間クレームをもらったことがないのにこの数日で立て続けで入りますかね?

話を戻すと、「おとうさん、おかあさんと言うな。名前で呼べ」という。ぼくは「なぜ?」と聞くと「講習でそう教えてもらったから」という。

「そう書いてある」という。何に書いてあるかは突っ込むのは止めました。ぼくは「今後はそう言うようにします」と言ったうえで、「なぜ名前で呼ばないとダメなんですか?」と聞きました。

すると「そう決まっているから」「講習で言っていたから」としか言いません。そういうことを言っているんじゃなくて、「何かの背景があったから、そう決まったんでしょ?その背景を教えてください」と言いました。

ですが、「講習行ったら分かるわ、そう習ったから」の一点張り。最終的には「ごちゃごちゃ言わずに言う通りにしろ」って言われました。

言う通りにしない訳じゃなくてなぜそうなったか?を聞きたいだけと言っても一点張り。

「ネットで調べます。」と言えば済む話でしたが、気に食わなかったので言い続けました(笑)もちろん理由は調べなくても知ってますよ〜?(笑)

2016−03−29−2

盗難と一緒

あるときは、ぼくが持っていた重要な書類。中身が見えないようにファイルに入れて引き出しに閉まってあったものを、勝手に持って行かれてました。

誰か分からずに探して、他の人に聞いてて最後に社長に聞くと犯人は社長でした。

前々からずっと社員の引き出しを勝手に開けまくっているのは周知の事実でみんな知っていました。別に引き出し開けたり持っていくのがダメとは言いませんが、一言声かけるのが筋でしょう。

あまりにもムカついたので「これはもう窃盗ですよ、持って行ったのを言わないとか人としてどうかと思いますよ」と言っちゃいました。人としてといのは2回言いましたよ(笑)

そしたら何て言ったと思います?「机の上に出ていた」ですって。はい、バレているのに平気で嘘をつきます。

一週間程前に引き出しに閉まっておいた書類。その間に机の上で仕事をします。そんなのがあれば邪魔でしかたがないわけです。邪魔だから引き出しへ。

ここでも先ほどと同じように、ごちゃごちゃ言いながら逃げていきました。

後は、ぼくは半年前から管理者をさせてもらっているんですが、手当が出ていないのも大きな理由のひとつ。あ、もちろん言いましたが、「認めてない」とか言われましたからね。

本当意味分からない。同僚に周知して管理者を受けますとかいうのを書かされ、管理者としての名刺も作成しているのにもかかわらず「認めてない」とか・・何考えてんだか。

こんな感じで細かいことがたくさん積み重なってました。こんなトップですよ。萎えました。もはや萎えない意味が分からないレベルです。

決意は固い

挨拶周りをしていると、嬉しいことに「うちに来ないか?」って引っ張ってくれる、声を掛けてくれる人は数名いました。ありがたい話です。

今は次のことを考えられていません。のんびりやなと言われていますが、しっかりと考えていきます。誰に何と言われようと自分の人生ですしね。

いろんな可能性を考えて、多岐にわたる仕事も視野にいれようと。いい機会なのでじっくりと。

まとめ

突然に決断ではなく、もう限界だったんですよ。仕事も飽きてきていたのも大きいですけどね。これでブログに費やす時間が増えるのは嬉しいですよ!

生活のために職を探す訳ですが、ブログが書きやすい環境を模索して探していきたいなって思います。そんな卒業です。

ゆるくいこー。

応援してやるよって思ったらシェア、フォローしてもらうと嬉しいです。

スポンサーリンク